善玉菌の効果

MENU

悪玉菌を減らし、腸を動かす善玉菌の健康効果は絶大!

善玉菌の効果とは一体どのようなものなのでしょうか?

腸内の善玉菌優勢なバランスを維持できれば、老化が緩やかで長寿傾向、生活習慣病の予防にも
効果的だといわれています。

善玉菌はよい便を作り、便秘を解消するだけでなく、健康維持に重要な役割を果たしているのです。

 

免疫力を強化し、病原菌の侵入を防ぐ

腸には身体全体の70%近くの免疫細胞が集まっており、病原菌などの有害物質から身体を守るためにパイエル板を筆頭にした腸特有の免疫組織を持っています。

乳酸菌などの善玉菌はこういった免疫組織を活性化させ(免疫細胞を活性化させる物質を作ったり、免疫細胞に直接働きかけて活性化)、身体の防御機能を高め、病気になりにくくしてくれる効果がるのです。

つまり、善玉菌が優勢の環境では免疫力は強まり、逆に、悪玉菌が優勢の場合は免疫力は低下して、
病原菌が増殖し、病気にかかりやすくなったり、体調が悪化したりするわけです。

更に腸で防御しきれなかった菌は肝臓が解毒しますので、腸は肝臓の負担を減らす為にも
重要な働きをしているのです。

 

傷んだモノを食べても食中毒症状が悪化する人と、軽い下痢程度で済む人がいますが、
これはそれぞれの腸内での善玉菌に力の差によるものではないかと考えられています。

 

悪玉菌の増殖を防いで、肌や心の状態を良くする

善玉菌は糖等を分解し、乳酸と酢酸を発生させることで腸内を弱酸性状態にキープしてくれます。

悪玉菌は弱アルカリ性を好み酸性の環境はが苦手。

だから、悪玉菌は増殖できず、善玉菌優位の状態が保てるというわけです。

 

悪玉菌が増殖すると、作り出された有害物質が腸壁の毛細血管から吸収されて、全身にまわり、
ニキビや吹き出物、肌荒れなど肌トラブルの原因にもなります。

また、有害物質が腸の働きを悪くさせれば、心の健康に必要なセロトニンやドーパミンの
合成が妨げられ、気分が落ち込んでしまうこともあるのです。

このように悪玉菌が増えるて腸内を腐敗が進行すると、便秘や病気の原因になるばかりでなく、
様々な悪影響を及ぼします。悪玉菌が増えるとどうなる?

 

美容や心の健康のためにも善玉菌優勢の健康な腸内環境を保つことは大切なのです。

 

腸の運動を促進して便秘を防ぐ

善玉菌が発生させる乳酸や酢酸が腸に刺激を与え排便に必要な蠕動運動(ぜんどううんどう)を
促すことは便秘予防におおいに効果を発揮します。。

大腸の大切な役割は小腸から送られてきた、食べかすの水分を吸収し便を作ること。

腸の動きが悪いと水分が吸収され過ぎて、便が硬くなり排便されにくくなってしまうのです。

逆に水分吸収が悪いと下痢になることもあります。

そして、便秘で便が腸内に停滞すると、増殖した悪玉菌の作る有害物質が
さらに腸の動きを悪くするという悪循環に陥ってしまうのです。

善玉菌を増やすことで、腸の動きを良くし、宿便(滞留便)を出せば、
お腹の張り(ガス腹による腹部膨満感)や臭いおならなども解消されます。

 

腸の動きは副交感神経に支配されているため、蠕動運動を促進するには、善玉菌を増やす
と同時に、自律神経を整え、副交感神経優位にしておくこと(ストレスを減らし、リラックスする)も大事です。

 

免疫異常を改善し、アレルギー症状を抑える

悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪いと免疫力を弱めるだけでなく、免疫反応を強めすぎることもあります。

花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息、化学物質過敏症などアレルギー疾患を引き起こす原因は侵入物に過剰反応する免疫異常です。

病原菌を攻撃するリンパ球にあるT細胞にはTh1細胞とTh2細胞があり、Th2細胞が活性する
とアレルギー反応が現れ、Th1細胞が活性するとアレルギーを抑えます。

つまり、アレルギー反応を促すTh2細胞にムダな過剰反応を起こさせない見張り役である
Th1細胞が活性化すれば、アレルギー反応を起こす頻度が低減するということです。

そして、そのTh1細胞を活性化させる働きが善玉菌である乳酸菌にはあるのです。

さらに、乳酸菌はアレルギーを引き起こす侵入物の体内に入れないように働くIgA抗体も活性化させます。

体内に入るアレルギー源を減ればアレルギー反応も減るるというわけです。

 

このように乳酸菌はリンパ球やIgA抗体などの免疫組織を刺激し、アレルギー症状を軽減してくれる
のですから、乳酸菌が活発に働ける腸内環境を保つことがアレルギー対策につながるのです。

 

ビタミンを生成する

腸内の善玉菌は葉酸、ビタミンB6、B12、ナイアシン、ビタミンC等を合成する力があります。

ビタミンの合成能力は善玉菌が活性化すると大きく増強されることもわかっています。

また反対に悪玉菌が増えると、アイリナーゼというビタミンを分解する酵素が増えてしまいます。

ビタミンは身体に重要な働きをする成分。

食べ物やサプリメントで取り入れるように、善玉菌を活性化させることも非常に重要なのです。

 

このように善玉菌には驚くほど健康に関係する働きや効果があり、腸内環境を善玉菌優勢にしておくことがどれくらい大事か痛感させられます。

乳酸菌の効果を高める5つの方法〜管理人の腸内フローラ改善法

乳酸菌の効果を最大限に高めれば善玉菌は倍増する!!

排便力も免疫力もアップ!!   管理人の腸内フローラ改善法へ

まとめ

善玉菌の効果は実に様々。便秘を改善するだけでなく、病原菌の防御や免疫機能強化、アレルギーの抑制、ビタミン生成等驚きの役割があり、健康維持には絶対に欠かせません。食生活や生活改善で、善玉菌が喜ぶ腸内環境を作りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 腸内フローラを検査する

 加齢と腸内細菌