腸にいい食べ物

MENU

腸にいい食べ物の代表は乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖を豊富に含む食品

和食は腸にいい食べ物が豊富

腸の働きを良くして、善玉菌を増やすには、食生活が特に重要です。

食べ物の内容が腸内フローラーの細菌バランスに大きな影響を与えるからです。

食生活が西洋化し、ファストフードやスナック菓子を食べる機会が増え、野菜不足になりがちな
肉類中心の食事に大きく変化するにつれ、大腸がんや便秘で悩む人が急増してきました。

大腸がんに至っては日本人女性の病気による死因の第1位(男性3位)です。

不規則な食生活を送るダイエット中の若い女性などの腸年齢の高齢化も問題視されています。

 

これらの現象からも、日本の伝統食品である発酵食品や野菜、穀類などを食べる機会が減ってきた
日本人の腸内環境は悪化して悪玉菌が増加し、善玉菌が減少している事が予想されます。

味噌や醤油、漬物等の発酵食品は乳酸菌が、野菜や穀類には食物繊維が豊富に含まれています。

腸内環境を整え、善玉菌を増やす、腸にd;">乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などを豊富に含む食品です。

いい食べ物の代表選手は
食品から摂る乳酸菌は死菌でも生菌でも、腸内に常在している善玉菌を活性化させ、
腸を刺激して蠕動運動を活発にしたり、腸内を悪玉菌の住み難い弱酸性にしてくれます。

オリゴ糖や食物繊維は善玉菌のえさとなり、活性化させてくれます

長年悩んだ娘の頑固な便秘を解消したオリゴ糖と乳酸菌サプリ

実際に、管理人の娘はオリゴ糖摂取することで、1ヶ月という短期間で腸内環境が大きく改善され、硬い便や少ない便意など長年の悩みだった便秘をを解消することができました。矢印 オリゴ糖体験談

朝、ヨーグルトにオリゴ糖をかけていた娘の便秘は短期間で解消しました!

さらに、食物繊維は便の材料になって分量を増すことで、排便を促し、腸をきれいにしてくれます

腸内細菌によって分解(発酵)される際に酸も作るので、酸性の環境を好むビフィズス菌など
善玉菌を増やす効果もあるのです。

 

現代人の腸内環境の悪化が問題になると同時に、腸内細菌バランスの改善による様々な
健康効果が解明されてきたことによって、これらの腸にいい食べ物の重要性が
再認識されるようになってきました。

 

そこで、

  • 善玉菌の増殖を促進させ腸内フローラを改善させる菌 〜 プロバイオティクス

    (乳酸菌や乳酸菌、納豆菌が含まれるヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物、味噌、納豆等の発酵食品)

     

  • 善玉菌の増殖を促進させ腸内フローラを改善させる成分 〜 プレバイオティクス

    (胃や小腸で消化・吸収されないオリゴ糖や食物繊維などの食品成分)

を食品や健康食品、機能性食品、サプリメントで摂る食生活が注目されています。

 

定義や効果などについて紹介しています プロバイオティクス  /  プレバイオティクス

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 プロバイオティクスの効果

 運動不足も便秘を招く