植物性乳酸菌を豊富に含む食品

MENU

生命力の強い植物性乳酸菌は胃酸にも耐えて、生きて腸まで届く!

植物性乳酸菌が含まれる食品を食べると、腸内の善玉菌が活性化、増殖することが知られていますが、その特長は胃酸や胆汁酸等に負けない 力強い生命力。

生きて腸まで届き、腸内の善玉菌比率を高める強い味方となってくれます。

植物性乳酸菌が含まれている発酵食品には以下のようなものがありますが、昔からの伝統食が多く、日本人がいかに昔から発酵食品を食べていたかが分かります。

<野菜の漬物>

すんき漬は食物性乳酸菌の宝庫

最近、自宅でぬか床を育てている人は減っていますが、昔はどこの家庭にも「ぬか床」があり、季節の野菜を漬けて食べていました。 日本各地に地域の特産物を使った漬物は数多くあり、最近では美味しく、質のよい発酵食品として改めて見直されるようになってきています。

また、ぬか床を使わずに野菜を塩と水で漬けた漬物も手軽に作られています。

メディア等の乳酸菌特集でも取り上げられ最近、特に注目されている野菜の漬物としては
すぐきすんきが有名です。

すぐき漬けから発見されたラブレ菌を生きたまま1粒あたり100億以上配合!

腸で生き抜く力が強い植物性乳酸菌がサプリメントで手軽に摂れる!!

ラブレ

<大豆発酵食品>

プロバイオティクスを実践するなら、生きた味噌を購入しましょう

納豆菌が関与している納豆や、麹菌が関与する味噌しょうゆなど、私達日本人にとって今でもほぼ毎日口にする身近な食材です。

ただし、保存上の理由から加熱殺菌されている製品も多く、乳酸菌は加熱前の発酵プロセスにだけ使われていて、実際の製品に生きた乳酸菌が生息していないこともあるようです。(最近の研究では死菌であっても、腸内で健康に良い働きをすることが明らかになっています)

スーパーの味噌などは、加熱殺菌されていますので、プロバイオティクスとして味噌を活用するなら、麹菌の生きた味噌を扱う味噌屋から購入するのがおすすめです。

自家製味噌を作るセットを販売しているお店もありますので、興味のある方は160種類以上の生きた菌が含まれるといわれている生きた味噌を手作りしてみてもいいでかもすね。

<穀類発酵食品>

甘酒の作り方はネットでも沢山紹介されています

最近手作りするのが話題となっている甘酒など穀類を発酵して作られる食品です。

清酒甘酒など、母菌、麹菌が関わることが多い私達には身近な調味料、食品です。

<果実や果汁発酵食品>

よく利用するワインのネットショップ

ワインバルサミコ酢などがあげられます。フランスの微生物学者、ルイ・パスツールは1857年にワインの中から乳酸菌を発見したことで有名です。

<発酵茶>

生命力の強い植物性乳酸菌の宝庫といわれる大豊の碁石茶

乳酸菌だけで発酵させたお茶として「碁石茶(高知県)」「阿波番茶(徳島県)」があげられます。海外ではタイのミアン、ミャンマーのレペットもよく知られています。

発酵茶は飲むだけでなく、茶葉を噛んだり、おかゆにして食べたりもします。

茶葉にはタンニン酸という、乳酸菌の生育を阻害する物質が含まれますが、そのような過酷な条件でも植物性乳酸菌は生き続けていけるようです。

このように善玉菌を増やしてくれる植物性乳酸菌にも様々な種類があることがわかります。

しかし、残念なことに、日本では食の洋風化に伴い、伝統的な発酵食品に代表される、植物性乳酸菌を毎日の食事で食べる機会が著しく減少しているのも事実です。

食べ物で善玉菌を増やすなら、植物性乳酸菌を含む発酵食品のよさを見直し積極的に摂取することも大事ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 オリゴ糖の効果