腸内フローラを検査する

MENU

腸内フローラのバランスが分かる!腸内細菌検査のやり方は?

腸内フローラの細菌バランスが分かる腸内細菌検査サービスが開始される予定

自分の腸内フローラについて、どんな種類の菌がどんな割合で構成されているか?
を検査して知りたいと思う人は多いはず。

そこで、ついに登場した、個人向け腸内フローラ検査サービスをご紹介します。

 自宅で簡単にあなたの腸内フローラが検査できる!

以前、個人でも腸内細菌検査が依頼できる機関を調べた際には(以下、点線枠内が依然ご案内した内容)準備中だった株式会社サイキンソーの日本初となる個人向け腸内フローラ検査サービスが開始されました。

太りやすさや肌の若返り物質の有無もわかる!!

 Mykinso(マイキンソー)

あなたの腸内細菌を可視化できる検査キット・Mykinso(マイキンソー)は日本初となる個人向け腸内フローラ検査サービス。

腸内の

  • ビフィズス菌乳酸産生菌酪酸産生菌エクオール産生菌の割合
  • ファーミキューテス菌(デブ菌)バクテロイデス菌(痩せ菌)の比率

を明らかにしてくれます。

その結果エクオール産生菌が少なければ、大豆を食べたりサプリメントで補給する、 デブ菌の正体ともいわれるファーミキューテス菌の比率か高く太りやすい体質なら痩せ菌ともいわれるバクテロイデス類のエサとなる食物繊維を意識的に摂る等、自分の腸内フローラのパターンに応じた食生活の見直しができます。

※エクオールは大豆に含まれるイソフラボンを腸内細菌が変化させ作る女性ホルモンに似た構造をもつ物質です。エクオールにはシワを浅くする等、肌の若返り効果があることが確認され、注目を集めています。

更にキットは2回分または4回分となっていますので、2度目、3度目の結果を1度目と比較することで、自分自身の腸活の成果を目で確認することも可能です。

ヨーグルトや乳酸菌サプリとあなたの腸内フローラとの相性を調べるにも最適です。

おすすめの腸活方法や菌との相性については以下の記事も参考にして下さい。

検査方法は簡単。自宅で便サンプルを採取し、返送後、約6週間で結果がWEB上で閲覧できるようになるようです。

↓更にこんな検査キットも発売されました。

 腸内フローラ郵送検査キット「ビフィチェック」

ビフィチェックは善玉菌(ビフィズス菌)と悪玉菌(クロストリジウム属菌)の比率を計測することで自分の腸内フローラを調べることができるキット。 採便容器を使って便を採って郵送すれば結果が約3週間後にご自宅まで届くそうです。

あなたの腸内フローラが善玉菌優勢なのか悪玉菌優勢なのかが分かれば、便秘の原因を探ったり、善玉菌優勢にするための腸活等、腸の健康維持に役立てられますね。

 腸内フローラ郵送検査キット「ビフィチェック」

↓以前の内容。

腸内細菌検査は個人で受けることが可能なのか調べてみました。

腸内細菌検査といっても、ここでは「個人の腸内細菌叢や腸内フローラの菌の構成内容について調べる」という意味です。

調べたところ、個人が直接検査を依頼できる機関は今の所無いと思います。

腸内細菌叢解析を事業として受託している国内企業は以下の通りですが、対象はあくまでも個人ではなく 企業や医療機関のようです。

  • カルピス株式会社 腸内フローララボラトリー
    神奈川県相模原市中央区淵野辺5-11-10

  • 株式会社LSIメディエンス(旧三菱化学メディエンス株式会社)
    東京都千代田区内神田一丁目13番4号 THE KAITEKI ビル 

  • フローラサービスジャパン株式会社
    東京都国分寺市東恋ヶ窪2−29−8

  • 株式会社テクノスルガ・ラボ
    静岡県静岡市清水区長崎330

このように現時点(2015年4月現在)では見当たらないですが、実は2015年夏前を目処に、ベンチャー企業サイキンソー(東京都新宿区)が個人向け腸内フローラ分析サービスを準備中とのこと。

具体的にはヒトの腸内細菌叢(マイクロバイオーム)のパターンをDNA解析によって評価するサービス

ヒトの大便中の腸内細菌を約数十種類に分類実測し、腸内環境評価を行い、その結果、個人向けの食生活などの提案サービスが予定されているそうです。

腸内細菌検査のやり方は小型ブラシの先端を便に数ヶ所突き刺して密閉容器に入れて送付し1ヶ月くらいで結果が分かるとのこと。

費用は1万円前後を予定しているそうです。

腸内細菌検査の個人向けはすぐそこまで来ているわけで、サービス開始が待たれます。

サイキンソーという社名も、なかなかユニークです。

腸内細菌検査の前に〜自分の腸内環境をチェックしよう

せっかく自分の腸内細菌叢、腸内フローラの分析検査を有料で依頼するなら、何も準備しないで「今、自分の腸内フローラはどうなってるんだろう」といきなり受けるよりは、ある程度努力してから受ける方がより有効だと思いませんか?

腸内細菌検査を受ける前に、理想的な腸内フローラを育てる努力を始めてみてはいかがでしょうか。

そこで、日本の腸内細菌研究の第一人者、マスコミ出演も多数の理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員辨野義己(べんの よしみ)先生による腸内環境の健康状態を確認するための5個のチェック項目をご紹介しましょう。

このチェック項目にしっかり当てはまっていれば腸内環境はかなり良好とのこと。

当てはまっていないなら、少しでも近づく努力が必要ということになります。

  1. 1日に1〜3回の排便

    毎日3回の食事をしていればこのくらいの排便回数があって当然だそうです。

  2. いきまなくても、スルリと排便できること

    健康な便の硬さはバナナくらい。水分70%程度。これならスルリと出るのが当たり前。

    いきまないと出ないのは水分不足、水っぽい下痢気味は腸内環境が良くない証拠。

  3. 色が黄色から黄色っぽい褐色程度

    黒っぽいと悪玉菌が多く、腸内腐敗が起こっており、腸内環境があまりよくない。

  4. 小さめのバナナ2〜3本の量

    便の量は腸内細菌の量にも関係している。

    しっかり食べてこの程度の量が出れば腸内フローラが健康といえる。

  5. においが臭くない

    赤ちゃんのうんちは、酸っぱいニオイがするが臭くはない。善玉菌が多いと臭くないもの。

    臭いうんちは腸内細菌叢が悪玉菌優勢の証拠である。

いかがでしょうか。かなりハードルが高いような気もします。

腸内細菌検査を受けるなら、それまでに自分の便を毎日しっかりチェックして、少しでも腸内環境を改善しておくべきかもしれません。

食事や運動、リラクゼーション、サプリメントの活用など、自分でできる改善方法を試して、少しでも腸内環境を良くしておきたいものです。

乳酸菌の効果を高める5つの方法〜管理人の腸内フローラ改善法

乳酸菌の効果を最大限に高めれば善玉菌は倍増する!!

排便力も免疫力もアップ!!   管理人の腸内フローラ改善法へ

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 善玉菌を増やす食事

 善玉菌の効果