プロバイオティクスの効果

MENU

プロバイオティクスは腸を動かし、善玉菌を増やす!

乳酸菌が生きて腸まで届くプロバイオティクス・ヨーグルト

プロバイオティクスとはイギリスの微生物生態学者であるロイ・フラーによって1989年に定義された、
「腸内フローラのバランスを改善することによって宿主の健康に好影響を与える生きた微生物」
のこと。(プロバイオティクスの直訳は共生物質)

その後定義に少しずつの変更があり、解釈も様々なようですが、
現在では「十分な量を摂取した時に有益な効果がある生きた微生物とそれを含む食品」
のことをプロバイオティクスと称する少し拡大的な解釈も一般的になってきました。

また、最近では、生菌も死菌も効果は変わらないとする主張も浮上してきており、
死んだ菌の有効性についての研究が進められていますので、プロバイオティクスに対する
評価や解釈も変わっていくかもしれません。

 

プロバイオティクスとしては乳酸菌やビフィズス菌等が有名ですが、
食品に応用する際には、

  • 安全性が高いこと
  • 宿主の腸内フローラを構成している細菌であること
  • 腸内バランスの改善などに明らかな効果を発揮すること
  • 食品等の形態で有効菌数が維持できること
  • 胃酸や胆汁酸で死滅せず、生きたまま腸に到達できること
  • 製造しやすく、取り扱いが安易であり、値段が安いこ
  • 腸内で増殖可能なこと

といった条件を満たす菌株がプロバイオティクスとして認められています。

 

プロバイオティクスの代表的な食品はヨーグルトなどの発酵乳や乳酸菌飲料ですが、
その他、植物性の乳酸菌から作られた味噌、キムチ、漬け物、納豆菌から作られる
納豆などの発酵食品もプロバイオティクスとされています。

 

プロバイオティクスのメリットは、腸まで届いた生きた菌が、増殖し、腸内フローラの
細菌バランスを整えることで、健康のために有益となる様々な働きをすること。

 

腸内に常在しているビフィズス菌や乳酸菌に加え、乳酸菌等を摂る事で
善玉菌の勢力が増し、乳酸や酢酸を作って腸のぜん動運動を活性化させるとともに、
腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑え、腸内腐敗を防ぎます

 

このように腸内フローラを改善することによる主な効果は、

  • 整腸作用による便秘や下痢の改善
  • 免疫力の強化による、感染症やガンの予防
  • 免疫異常による花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギーや自己免疫疾患の予防

等が挙げられます。

 

さらに、高コレストロールの予防やピロリ菌の増殖阻止、高血圧予防、認知症予防、
美肌効果、臭いおならの解消など、その効果は多岐にわたります。

 

プレバイオティクスも同時に摂取するシンバイオティクスなら更に効果倍増です!

 

 自分に合った善玉菌を探そう!

ただし、プロバイオティクスとして生きて腸まで届いた乳酸菌は、長期間腸内に住み着いてくれる
訳ではないので、良好な腸内フローラを維持するためには、摂り続けなくてはいけません。

 

また、私たち人間の腸内細菌のバランスやパターンは人それぞれ異なりますので、
自分に合った善玉菌も人それぞれ異なるのです

つまり、様々な機能の乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳酸菌製品が数多く発売されていますが、
自分に合った菌を選ばなければ、その効果は半減してしまうのです。

様々な菌種を一定期間試し、自分の腸内環境に合った善玉菌を探すことも大切です。

サプリに配合された乳酸菌の数や種類の多さ、コスパなどを比較しましたので、自分に合った乳酸菌選びの参考にして下さい。

乳酸菌サプリをコスパで比較

乳酸菌サプリをコスパで比較

乳酸菌の数の多さで比較

乳酸菌の数の多さでサプリをで比較

乳酸菌の種類の多さでで比較

乳酸菌の種類の多さでサプリをで比較

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 プレバイトティクスとは?

 腸にいい食べ物