オリゴ糖の効果

MENU

オリゴ糖は善玉菌の栄養になって活性化させ、腸内環境を改善する

オリゴ糖の効果で最も注目されているのが、腸内の細菌バランスを改善して、
お腹の調子を整える、整腸作用

 

オリゴ糖は腸内で善玉菌を増やすプレバイオティクスの代表選手で、
便秘解消に大きな効果を感じる方も多いはずです。((ちなみに私も)

 

オリゴ糖の特徴は熱や酸に強く(調理や胃酸に強い)、人間の消化酵素では殆ど分解されないこと。

 

小腸で消化・吸収されず、大腸に到達し、善玉菌の代表格であるビフィズス菌のエサになるため、
善玉菌の増殖や活性化に効果を発揮するのです。

 

ビフィズス菌がオリゴ糖を食べて作り出される乳酸や酢酸が腸を刺激して、
ぜん動運動が活発になるとともに、腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えてくれます

 

なぜ人間の消化酵素で分解できないオリゴ糖がビフィズス菌など特定の善玉菌だけの
エサになるかというと、ビフィズス菌がオリゴ糖を分解する酵素をもっているからなのです。

 

母乳の中に含まれるオリゴ糖は赤ちゃんのお腹の中のビフィズス菌を劇的に増やして免疫力を高め、
病原菌から守ってくれる、赤ちゃんの健康と健やかな成長にとって非常に重要な働きをする、存在なのです。

 

このようにオリゴ糖の大きな役割は善玉菌を活性化し、腸の働きを良くすることですから、
オリゴ糖の効果は善玉菌の効果と同様です。善玉菌の効果

 

つまり、悪玉菌の増殖を抑えて、

  • 腸の蠕動を促し、便秘を解消する(宿便を出して腸をきれいにする)
  • 免疫力を強化し病気を予防する
  • 免疫異常を改善し、花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑える
  • 肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルを解消する
  • 気分の落ち込みやうつ症状を抑えて、心の健康を保つ
  • ガス腹によるお腹の張り、腹部膨満感を解消する
  • 臭いおならや便を改善する

などがオリゴ糖の効果といえるでしょう。

 

さらに、オリゴ糖は砂糖と同じ糖類なのに多くのオリゴ糖は1g当たり約2キロカロリーと
砂糖の約半分のカロリーしかないため、ダイエット効果も期待できます。

(甘さも1/2〜1/4程度なので、たくさん使用するとダイエット効果が台無しに。要注意です。)

また、小腸で消化・吸収されにくく、血糖値の上昇を抑える効果もあるため、
糖尿病患者の食事にも利用されています。。

オリゴ糖はブドウ糖・果糖・ガラクトースなどの糖類の一番小さな分子・単糖が2〜20個結合したもの。砂糖はブドウ糖や果糖が2個つながったもので、砂糖もオリゴ糖の一種といえます。

摂取する乳酸菌と異なるオリゴ糖のメリットとは?

ヨーグルトなどで摂る乳酸菌は通常、殆どが胃酸によって死滅してしまい腸まで届かない
といわれてきましたが、最近では「生きて腸まで届く乳酸菌」をうたい文句にした ヨーグルトや乳酸菌食品が発売され、人気を集めています。 (死菌や生菌に関わらず、腸内環境の改善に貢献するといわれ、死菌の効果も注目されています)

しかし、食べ物として口から取り入れた乳酸菌は長期間は腸内に留まってくれないのです。

腸内にもともと常在しているビフィズス菌は免疫機能に排除されず、腸壁に張り付き住み着いていますが、外部から摂取した乳酸菌は、長く住み着くことが出来ず、いずれ便とともに排出されてしまうのです。

つまり、

ヨーグルトや乳酸菌飲料で摂りいれる乳酸菌は継続して摂り続けなくてはならない

ということです。

それに比べて、オリゴ糖はもともと腸に住み着いている善玉菌を活性化させてくれる
効率的な食品成分だという点が大きなメリットだといえるでしょう。

ちなみに、オリゴ糖を含む食品は

ゴボウ、タマネギ、アスバラガス、キャベツ、ブロッコリー、ねぎ、にんにく、トウモロコシ、タケノコ、しいたけ、バナナ、大豆、豆乳、味噌、醤油、きな粉、はちみつ、牛乳、ヨーグルト、乳製品、甜菜など。

ただし、これら食品に含まれているオリゴ糖は充分な量ではありません。

1日の推奨摂取量は3〜5gとされていますので、サプリや健康食品等で摂ることをおすすめします。

チェック! オリゴ糖がお腹に効いた!

娘の便秘を解消したオリゴ糖

我が家でもオリゴ糖が大活躍!娘の便秘解消に大きく貢献してくれました。

天然成分なので、副作用の心配もなく、赤ちゃんや妊婦さんでも安心です。

便秘だけど、薬には頼りたくないという方には、おすすめします。

矢印 日本一選ばれているオリゴ糖の口コミをチェックする

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 植物性乳酸菌を豊富に含む食品

 食物繊維の効果