おなかへGG!

おなかへGGのパッケージ

素朴でレトロなパケが目をひく「おなかへGG!」体によさそうな説明がいっぱい書いてあるのが新鮮で印象的。最近流行の機能性ヨーグルトに比べると破格に安いお値段も魅力的。

カスピ海ヨーグルト モチリ

フジッコ カスピ海ヨーグルト モチリ

濃紫とヨーグルトの白さの対比がキレイなパッケージ。モチリ、って名前も可愛い。カスピ海ヨーグルトと書いてなければ、カップチーズケーキかババロアかと思ってしまうかも。もっちりした食感とクリームチーズのようなコクをイメージさせて、チーズケーキ好きとしても期待がふくらみます。

グリコ朝食みかん&ヨーグルト

グリコ 朝食みかん&ヨーグルト

グリコの朝食ヨーグルト、りんごだけじゃなくて、みかんも出てるんですね。温州みかんといえば、日本の冬の定番中の定番。しかも国産3種の果汁入り!かなり気合が入ってます。柑橘好きの私としては、どのくらいみかんが再現されてるのか、甘さとみかん味とのバランスはどうなってるのかすごく気になります。

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0 苺

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0 苺 180g

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0 苺は赤い美味しそうないちごのパッケージが棚で目立ってます。「あふれる甘さで新登場」と言われると、どんな甘さだろうと気になっちゃいます。大容量だけど脂肪ゼロ、おまけにスーパーで買ったら100円以下の低価格。迷わず試してみることにしました。

ソフール プレーン

ヤクルトのソフール・プレーン

ソフールといえばヤクルトが出してるヨーグルト。プレーンはどんな味がするのか、なんとなく気にはなってましたが、棚では地味めな存在でした。パッケージに「攻め」の姿勢が感じられないのに、良く見るとトクホマークがついてる!そのギャップに気付いて思わず買ってまいりました。

朝食りんごヨーグルト

グリコの朝食りんごヨーグルト

りんごヨーグルトって、なんかピンとこない組み合わせで、今まで買う気にならなかったんです。でも結構美味しいよという娘の声で、試してみたところ、食わず嫌いは損をすることに気付かされました。りんご加工へのこだわりもすごいんですね。ただりんごを入れただけじゃないんです!

明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト プレーン

明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト プレーン 85g

明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルトはヨーグルトらしからぬパッケージが気になってました。しかも”濃くておいしい”というキャッチコピー。一体どんな味なんだろうと妄想しつつまずはプレーンから試してみることに。

明治ヨーグルトR-1

明治ヨーグルトR-1

R-1といえば、インフルエンザ予防で一躍大人気となった機能性ヨーグルト。赤いパッケージもインパクト大。強さ引き出す乳酸菌、というキャッチコピーの通り、健康増進の強い味方、それを期待して食べるヨーグルトというイメージ。果たして味の方はどうなんでしょう。

季節の果実 はっさく&ヨーグルト

オハヨー「季節の果実 はっさく&ヨーグルト」

冬といえば柑橘シーズン、オハヨーの季節限定、和歌山県産はっさくのヨーグルトです。はっさくと言えば、酸味が結構あるし、ヨーグルトにすると酸っぱ過ぎたりしないかしら。ヨーグルトとどんなコラボになってるのか興味津々で購入しちゃいました。

これでフルーツ10種類ヨーグルト

これでフルーツ10種類ヨーグルト

カップヨーグルトで1個220gのボリュームは迫力満点。しかもフルーツが10種類も入ってるなんて贅沢の極み。フルーツヨーグルト好きにはたまらないコスパのよさと思いっきり食べられそうなところが魅力的♪ひとりで1個食べる幸せを想像しつつ買って帰ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ