体験レポート2週目

食事には左右されるが、便意を取り戻し、毎日排便が当たり前に!

 2週目の便秘症状経過報告〜長女のお腹の中で起こったこと
  1. 便が柔らかくなり、ニオイが少なくなった
  2. 便の形状はマチマチ、食事にも左右される
  3. 確実に便意を毎日感じるようになった

珍しく朝に味噌汁を飲んでいました。オリゴ糖にかなり期待している様子。

8日目

1週間で驚きの効果を実感した長女は、もう元に戻りたくないとしみじみ思った様子。

8日目からは、いつも夕飯で残すことが多い、付け合せ「キャベツの千切り」や
「豚汁のこんにゃく、にんじん」「青菜炒め」等も完食するようになりました。

女の子にしては珍しく、野菜嫌いなんです。

今までどれだけ注意しても、残してたのに、面白いものです。

9日目〜14日目

9日目は朝早くから終日外出が続き、出なかったのでがっかりしてましたが、
翌日、10日目にはかなり出たようです。

一応夕食から就寝迄の間に便意があり、排便があるというリズムができつつあり、
少しずつ腸内環境が改善していることを実感しているみたい。

下腹部の張り、膨満感は消失、腹痛が起こらないのも当たり前になったと本人は嬉しそうです。

またトイレに座ってる時間が相当短くなったのも事実。

それだけ便が柔らかくなってきた証拠です。

更に臭いもあまり気にならなくなってきたとのこと。

ただ毎日ずっと同じ状態ではなくて、少し硬くなり、コロコロ便気味になるとか、
色が黒っぽくなったり、黄土色っぽくなったり毎日変化するようです

とにかく水分不足になると、てきめん便が硬くなると言います。

特にバイト中は水を飲めない時間が長い上に、エアコンで店内がカラカラに乾燥しているから、
よくないと思うそう。

また野菜が少ない食事が続くと、黒っぽくなる気がするとも。

便は食事にかなり影響されることを実感している様子。

オリゴ糖の影響が大きいのはもちろんですが、便秘が改善され始めたことで、便の状態を気にするようになり、悪化した時に原因を考えるようになったのも良かったです。

まとめ

娘の便秘は改善しつつあり(私はイマイチ・・・)、毎日便意が起こり、腹痛が起こらないのは嬉しいとのこと。ただ、改善しつつあるとはいえ、便は食事や水分量で便の様子は左右されることを実感しているようです。

オリゴ糖だけをアテにするのではなく、食べ物にも気をつけると随分違ってくる
という自覚が芽生えたのはよかった。

自分から進んで野菜や豆類などを食べるようになってきました。

また悪化した時に何が原因かを考えるようになり、気をつけるべきポイントを体得できるのもかなり大きなメリットだと思いますね。

 トップページ

関連サイト: 乳酸菌の効果