ザワークラウトで腸と肌がキレイになる!!

ヨーグルト並みの豊富な乳酸菌とビタミンCが摂れるザワークラウト!!

ドイツの定番漬物のザワークラウト

ヨーロッパを代表するキャベツの定番漬物

ザワークラウトとは、キャベツを原料とした酸味のあるドイツ料理の代表的な漬物です。

ザワークラウトは酸っぱいキャベツの意味。ドイツ料理店や居酒屋のおつまみでソーセージと一緒にそえられている、あの酸っぱいキャベツがザワークラウト。

ドイツだけでなく、中央ヨーロッパ、北欧、東欧などでも広く親しまれている、ヨーロッパを代表する定番漬物といえる存在です。

乳酸菌同士の連携発酵で良質なザワークラウトに!

ザワークラウトは発酵食品、酢漬けと思われがちですが、酸味の正体は乳酸菌。

乳酸発酵で酸っぱくなるんです。

発酵過程で活躍するのは香味を深めるロイコノストック・メセンテロイデス菌や乳酸を生成し続けて酸味を作る、ラクトバチルス・プランタラム菌など。これらの乳酸菌の連携発酵により、酸味と風味のバランスのとれた良質のサワークラウトが作られるのです。

乳酸菌量は1gあたり1億個!ビタミンCも豊富です!!

乳酸菌量は1gあたり1億個ともいわれ、その量はヨーグルト並であることがわかります。

その他の栄養も豊富で10種類以上のビタミンやミネラルが含まれています。

特にビタミンCが豊富で、キャベツの持つビタミンCだけでなく、乳酸発酵により生成されたビタミンCも加わり、冬の野菜が取れない地方では、ジャガイモと並んでビタミンCの補給源ともなっています。調理で熱も加えないのでビタミンCも壊れない点もいいですね。

また、キャベツは胃腸の粘膜を守るビタミンU(別名キャベジンは商品名にもなっていますね)が豊富な野菜としても有名です。ビタミンUは食べる胃腸薬ともいわれてる程、お腹にいい成分です。

ザワークラウトに含まれる豊富な乳酸菌や食物繊維、ビタミンCが腸内フローラを整えるだけでなく、胃腸を丈夫にし美肌にも効果を発揮するかもしれません。

漬け込み約1週間後〜乳酸菌の効果は最大限に!!

作り方は簡単で、まとめて作り冷蔵保存すれば2週間程度もちます。

尚、漬け込みをはじめてから乳酸菌量は徐々に増え、漬け込み後8日目あたりをピークに、乳酸菌量は減少していきます。

便秘解消効果を期待するなら作り始めて1週間前後の頃のザワークラウトがおすすめです。

 大量の乳酸菌を手軽にサプリで摂りたいなら!!  乳酸菌サプリおすすめランキング

 乳酸菌の効果をより実感したいなら!!  乳酸菌の効果を最大限に高める5つの方法

ザワークラウトの作り方

ザワークラウトのレシピ一例を参考までにご紹介しますが、インターネットや料理本でザワークラウトのレシピはいくらでも探せます。

《ザワークラウトのレシピ》

材料

  • キャベツ:800g
  • 塩:大さじ1 
  • キャラウェイシード:小さじ1 
  • ローリエ:1枚 
  • 唐辛子:1本

※作り方

  1. キャベツは芯をとって荒い千切りにします。
  2. 塩を加えボールなどの容器の中で、よくもむように混ぜます。

  3. 漬ける容器に塩もみしたキャベツを入れ、表面を平らにします。

  4. キャラウェイシード、ローリエ、唐辛子を入れ、外葉をふたをするようにかぶせます。

  5. 重石をして置きます。20度で5日程度で発酵が進み食べごろになります。

  6. 酸味が出てきたら、冷蔵庫で保管し、熟成させます。

ザワークラウトの作り方のポイントはキャベツを細かく切ること。

キャベツにもともといる乳酸菌はキャベツの細胞内にいるので、細かく切ってキャベツの細胞を壊すことで、乳酸菌が塩によって発酵しやすくなるからです。

ザワークラウトは適度な酸味が肉料理に合いますし、サンドイッチの具にもおすすめ。

作り置きできますので、毎日少しずつ食べて腸内環境改善に役立てたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加