乳酸菌の摂り過ぎで副作用ってある?

摂り過ぎの心配は脂肪や塩分。乳酸菌は不足を心配しよう!

ヨーグルトを摂り過ぎるとどうなる?

腸内環境改善のためにヨーグルト等の乳製品やキムチなどの発酵食品など、
乳酸菌豊富な食品を毎日食べている人は多いはず。

とはいえ、実は食べ過ぎで乳酸菌もとりすぎになっているのでは?
と疑問を感じることもあるかもしれません。

もし乳酸菌を大量に摂った場合、過剰摂取の心配は?何か副作用はあるのでしょうか?

人間の腸内には500種類以上、合計100兆個以上(600〜1000兆個ともいわれます)の
腸内細菌がいるといわれています。

少なく見積もっても100兆個以上、とは想像できないほどの数ですが、食べ物に含まれる
乳酸菌の数と比較するとどうでしょうか。

例えばヨーグルトは『乳酸菌又は酵母数は1ml当たり1000万以上』と決められていますので、
仮に100g食べると10億個、1s食べると100億個の菌数が体内に入ることになります。

(ただし、乳酸菌は酸に弱い為、生きたまま腸へ届く菌はごく僅かとなります。

腸に届く前に死んだ場合は死菌として腸へ入っていきます。)

ヨーグルトを1s毎日食べる人はいないでしょうけれど、仮に食べたとしても
摂取した乳酸菌100億個は腸内にいる菌数と比べればはるかに低いことが分かります。

そこで、口から摂った乳酸菌の数が腸内細菌全体の比率にどう影響するか計算してみました。

健康な身体を保つためには、良好な腸内環境作りが必須だといわれます。

良好な腸内環境を目指すには、善玉菌が活性化し、悪玉菌が活性化しにくい
酸性の腸内環境にすることが必要です。

つまり、善玉菌優位の腸内細菌バランスが整った腸内環境=良好な腸内環境ということです。

そして、理想の腸内細菌の比率は、

善玉菌2割 悪玉菌1割 日和見菌7割」といわれています。

この理想の腸内細菌バランスを目指した場合、

かりに腸内細菌数が100兆個だとしても、1%善玉菌を増やすには1兆個以上の乳酸菌の摂取が必要で、100gのヨーグルト(乳酸菌10億個配合)を1000個食べなくてはいけません。

大食いの方が死ぬ気で頑張っても、間違いなく無理ですね。(あくまでも計算上の数字ですが)

もしあなたが便秘気味で善玉菌の比率が10%だとすると、理想の20%に比率引き上げるためには、 更にその10倍(10000個以上?)の摂取が必要なのです。

さらに、口から入った乳酸菌やビフィズス菌は常在する善玉菌とともに、腸内で良い影響を与えたとしても、そのまま長期間定住することはなく、やがてて便となり出て行ってしまうのです

こういったことを考えると、乳酸菌やビフィズス菌を食べ物やサプリメント等で大量に食べたとしてもあまり影響がないどころか、むしろ腸内環境改善のためには、ある程度の菌数を食べ続けることが大事だということが分かります。

乳酸菌の数という点では、とりすぎ、副作用という心配は取り越し苦労といえるでしょう。

摂り過ぎより、不足を気にして、ヨーグルトやキムチ等、乳酸菌を含む食品を意識して、なるべく複数食べましょう。複数の乳際品や発酵食品を食べることで善玉菌の増え方が加速するといわれています。

便秘の解消だけでなく、免疫力のアップや美肌作りのためにもおすすめです。

ただし、ヨーグルトは糖分・脂肪分によるカロリーオーバー、漬物やキムチ等は塩分過多
に気をつける方が重要です。

カロリーや脂肪分、塩分のとりすぎが気になる方は、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌をバランスよく摂ったり、部無脂肪、無糖、減塩といったことに配慮した商品を選ぶようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ