植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは?

植物性乳酸菌や動物性乳酸菌とはどのような菌なのでしょうか?

動物由来と植物由来の乳酸菌

また、2つの菌はどのような違いがあるのでしょうか?

そもそも、乳酸菌には植物性と動物性がある、ということを最近知ったという人も多いかもしれません。

乳という漢字は白い乳製品をイメージさせますからヨーグルトやチーズといった発酵食品イコール乳酸菌、という思い込みが多いのではないでしょうか。

(そもそも乳酸菌は「乳酸を作り出す菌」という意味で乳製品に存在する菌、という意味ではありません。この事実を知らないと、乳酸菌と乳製品をセットで認識してしまうのかもしれません。)

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いはまず、菌が生息している場所の違いです。

植物性乳酸菌は発酵した野菜、果物、豆類のような植物由来の物質の中で生きており、
動物性乳酸菌はヨーグルトのような動物由来の物質の中で生きています。

具体的には、

  • 植物性〜漬物、キムチ、味噌、醤油、日本酒、ワイン、発酵茶など
  • 動物性〜ヨーグルト、チーズなど

また、エネルギー源とする糖の種類が動物性は乳糖のみであるのに対し、
植物性はブドウ糖、果糖、ショ糖等様々であるという違いがあります。

ただし、学術的には植物性も動物性も同じ乳酸菌の仲間であり、エサを食べて乳酸を作り出すという働きの点から見れば、違いはないとされています。

実は植物性乳酸菌という言葉が一般に広まってきたのは最近のことであり、動物性との対比で理解しやすくする為にあえて造られた言葉なのです。

このような区別をするようになった背景には、昔から日本の食卓にあった日本独自の乳酸菌を研究し、改めて活用していくにあたり、ヨーグルトの乳酸菌とは性質が異なること、乳酸菌といえばヨーグルトのイメージが強く違いが分かりにくい、などの理由であえて植物性という言葉を前面に出したという事情もあるようです。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌それぞれの特徴

植物性乳酸菌は生命力が強い

植物性乳酸菌の特長は、糖濃度が低かったり、生育を阻害する刺激成分があったり、 といった乳酸菌にとって厳しい環境条件、つまり栄養条件が不十分な過酷環境の中で生息している、その生命力の強さにあります。

この為、胃酸耐性が強く、生きて腸へ届くことができるのです。

また、生息場所である植物が作り出す環境は多種多様であり、そこに順応しながら定着している乳酸菌はその種類も非常に多いのも特長といえます。

チーズと細菌

一方、動物性乳酸菌は乳やその加工品等にしか生息しておらず、栄養のバランスが良いことが生存条件となります。

また、酸に弱い為、口から入った後、胃液や胆汁酸で死滅してしまい、殆どが生きて腸まで届かないとされています。

しかし、乳酸菌研究の進むなか、動物性乳酸菌の中でも胃酸に強く、腸まで生きて届く生命力の強い菌も発見されており、乳製品メーカー各社から様々なプロバイトティクス配合ヨーグルトが発売されています。

今まで乳酸菌の研究成果は、動物性乳酸菌のものが殆どで、整腸作用、免疫賦活作用、アレルギー症状軽減、抗腫瘍作用、血圧降下作用など、私達人間の健康維持に非常に有用である可能性が実験によって確認されています。

一方の植物性乳酸菌の研究は動物性に比べてまだ少なく、はっきりしていない部分が多いのが実情です。

とはいえ、動物性よりはるかに厳しい栄養条件下で生き抜く生命力で胃酸や消化液に耐え、大腸まで生きて辿り着く植物性乳酸菌は、腸内でも 力強い働きをするのではないかという期待も高まってきています。。

日本人が食生活の洋風化に伴い、動物性乳酸菌製品を多用するようになってからはまだ日が浅いのに比べ、植物性乳酸菌が生息する伝統食品との関わりには長い歴史があります。

今後の研究で植物性乳酸菌の機能が更に明らかになることで、和食が見直され、日本の伝統的な食生活への関心が高まれば、ファストフード世代の食卓にも漬物などの発酵食品や味噌汁が並ぶことが増えていくかもしれませんね。