乳酸菌の生菌と死菌の違い

乳酸菌は腸にたどり着く前に殆どが死滅してしまう

胃に到達した細菌

生菌とは生きたままの菌、死菌は死んだ菌のことですが、「生きて腸まで届く」というキャッチコピーには、生きたまま腸へ届いた生菌が腸内で増殖するようなイメージがあります。

では乳酸菌は死んだら意味がないのでしょうか?

食べ物として採った乳酸菌は、ほとんどが胃酸や胆汁酸に殺菌され、
腸に届く前に死菌となることがわかっています。

ただ、そんな乳酸菌の中には少ないながらも、胃酸や胆汁酸にも分解されず、生きたまま生菌の状態で腸まで届く、生命力の強い種類がおり、食品やサプリメント等に配合、商品化もされています。

しかし、生きて腸まで届き、健康に役立つというイメージが大きい乳酸菌も、実際には腸内フローラは、ひとりひとり固有であり、外から入ってきた乳酸菌が定住することは殆どありません。

生菌も死菌も、それぞれ有用な働きがある

乳酸菌は死菌でも生菌でも、健康維持のために良い働きをする

胃酸や胆汁酸に弱く、死ぬことが多い、更に生きて腸へ届いても住み着くことはできない、
ならば乳酸菌を食べてもあまり意味はないのでしょうか?

そんなことはありません。

食事で採った乳酸菌は生きているか、死んでいるかに関わらず、また最終的に体外へ排出されるとしても、腸の健康にとても有意義な働きをすることが最新の腸内細菌の研究で判明してきています。

チェック 生菌の働き

腸迄生きて届いた乳酸菌の生菌はそのまま腸内フローラに住み着くことはできませんが、
体外へ排出される迄は腸内環境改善の為に働き続けてくれます。

  • 糖分を分解して乳酸を作り、悪玉菌が生息しにくい酸性の環境にして、善玉菌をサポート。

  • 常在善玉菌とともに酸を作ることで、腸を刺激し、蠕動運動を促せしてくれる

など、腸をきれいにして、腸の働きを良くすることで、便秘解消などに有効な働きをしてくれます。

更に腸内フローラに元々住んでいる乳酸菌との相性が良い場合は、善玉菌の勢力拡大パワーを更に大きくする可能性も期待されています。

また、最新の研究では腸壁によりしっかり定着するタイプの乳酸菌も発見されており、
今後の研究が期待されています。

チェック 死菌の働き

殆どの乳酸菌は胃酸や胆汁酸に殺菌され、腸へ届く前に死菌となってしまいますが、
腸内で有用な働きをすることが明らかになっています。

死菌を構成していた糖・たんぱく・細胞質・核酸等を『菌体成分』と呼びますが、
この菌体成分は

  • 生菌や定住善玉菌のエサとなり増殖させる
  • 悪玉菌が好む有害物質を吸着して便として体外へ排出
  • 腸壁を刺激を与え免疫細胞の分泌を促進、免疫力アップする

といった働きがあり、腸内環境の改善や全身の免疫力活性化に役立っているのです。

口から食べた乳酸菌は生菌と死菌に分かれますが、生菌は腸を元気にし、死菌は免疫力を高める等、それぞれに健康に役立つ役割があることがわかってきています。

特に死菌を含めて「乳酸菌が作り出す物質」には腸内環境改善に大きな力があることが証明されつつあり、 乳酸菌メーカーなどが死菌の研究に更なる力を入れています。

チェック 死菌でも1日1兆個(ヨーグルト約100個分)もの乳酸菌を摂ることができれば、腸内フローラは劇的に改善されるかも!!(相性次第だと思いますが)

シリーズ全体販売実績890万個突破!生きて腸まで届くサプリなら!

矢印 菌が生きて腸まで届く人気1のビフィズス菌サプリとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ