乳酸菌とビフィズス菌の違い

広い意味では乳酸を作るビフィズス菌も乳酸菌と解釈できる

乳酸菌とビフィズス菌の違いは何でしょう。

ヨーグルトやサプリメントでよく耳にする乳酸菌とビフィズス菌。

善玉菌の代表的な菌でお腹によい働きをしてくれそうというイメージは共通ですが、
具体的な違いは、何なのかうのか、理解している人は少ないかもしれません。

そもそも乳酸菌はブドウ糖や乳糖などの糖を分解して、乳酸を作り出す細菌の総称で、
生物学的な正式名称でなく、便宜的につけられた一般名称です。

さらに、乳酸菌は腐敗物質を作り出さない細菌とも定義されています。

悪玉菌といわれる大腸菌も糖を分解して酸を産生しますが、タンパク質を分解して、
有害な腐敗物質を作り出します(腐敗させる)。

対して乳酸菌はタンパク質を分解しても腐敗物質を作り出すことはありません。

(その他、紫色に染色後、アルコール洗浄して、脱色するかしないかで細菌を分類する
グラム染色という分類法では、大腸菌は脱色し、染色しても染まらないグラム陰性菌
であるのに対し、乳酸菌は紫色に染まるグラム陽性菌である点も違います)

つまり、「糖を分解して乳酸など多量の酸を作るが腐敗物質は作らない細菌」という
広い意味での定義によると、ビフィズス菌も乳酸菌と解釈できるのです。

実際、同じ乳酸を作る善玉菌なら、ビフィズス菌を乳酸菌として分類してもいいと主張する学者もおり、書籍などにもビフィズス菌が乳酸菌の一種として分類され、表記されていることもあります。

乳酸菌もビフィズス菌も共に酸を作ることで、

  • 腸内を悪玉菌の棲みにくい酸性にしたり
  • 酸が腸を刺激して蠕動運動を活発便秘を解消してくれたり
  • 免疫力を高めてくれたり
  • アレルギー症状を抑えてくれたり
  • ビタミンを合成してくれたり

人間の健康に貢献してくれる有用菌なのです。

(ただ、一部の大腸菌は酸を作ってお腹を整えるという意味では、
乳酸菌同様、良い働きをするわけで、単純に悪玉菌は全て悪ともいえないのです。)

 人間の腸内に常在する善玉菌の殆どがビフィズス菌

また、多くの乳酸菌は酸素のあるところでも生存できる通気性嫌気性菌で、生育に適した温度も動物や植物とほぼ同じなため、動物や植物が生育可能な自然界全般に存在します。

もちろん動物の腸内にも、多くの乳酸菌が常在しています。

ただ、殆どの動物の腸内有用菌の主役は乳酸菌なのに対して、人間の腸内に存在する善玉菌の
殆どがビフィズス菌で、何と 善玉菌の99%以上をビフィズス菌が占めるといわれています。

(人間のお腹の中に棲息しているビフィズス菌は動物のお腹からは殆ど見つからず、反対に動物のお腹の中に棲息しているビフィズス菌は人間のお腹の中には棲息していないといわれます。)

つまり、ビフィズス菌は人間の腸内に乳酸菌の100倍〜1000倍も常在している
善玉菌の主役といえるのです。

人間の腸内にいる善玉菌全体の中での比率という点も乳酸菌とビフィズス菌の違い
といえるでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌の生物学的な違い

生物学的な分類では乳酸菌とビフィズス菌は種属が違います。

細菌学の分類法で分類した場合、乳酸菌が属するのは、
ラクトバチルス属・トレプトコッカス属・ロイコノストック属・ラクトコッカス属等、
現在わかっているだけで、33属・約400種に分類されます。

ビフィズス菌の属するのは、ビフィドバクテリウム属で、
ビフィダム菌、ブレーベ菌、ラクティス菌、ロングム菌、アドレッセンティス菌など、
40菌種程度がみつかり、分類されています。

また、ビフィズス菌と乳酸菌は多くの点で特徴も違います。

例えば、ビフィズス菌も乳酸菌も嫌気性細菌ですが、

  • ビフィズス菌が酸素があると生息出来ないのに対して、
    乳酸菌は少しの酸素なら生息できます。

この為乳酸菌は酸素に触れる乳製品、味噌、漬物等の発酵食品にも利用され、
棲息範囲がビフィズ菌よりも広範囲になっています。

一方、ビフィズス菌は酸素のない腸管が生息に格好の場所となるわけです。

その他、

  • 糖を分解(発酵)して乳酸だけを作る乳酸菌に対して、ビフィズス菌は酢酸も作る。

  • 乳酸菌が糖を分解して50%以上の乳酸を作るのに対して、ビフィズス菌は50%以下。

    (乳酸菌の細菌学的な定義は50%以上の乳酸を作るものとされている)

  • 菌の形が乳酸菌が桿状、球状なのに対し、桿状以外にVやY字型もある

 

乳酸菌

ビフィズス菌

棲息場所

自然界全般

ヒトや動物の腸内

菌の形

桿状、球状

V、Y、I字形

対酸素

多少の酸素なら生息できり

(通性嫌気性)

酸素があると生息できない

(偏性嫌気性)

代謝物

乳酸

乳酸・酢酸

このように、ビフィズス菌と乳酸菌は細菌学的に多くの点で異なる、違いがあります。

ただ、狭義の違いはあっても、乳酸を作り、人間の健康に貢献してくれる点は共通しています。

また、数が少なくても乳酸菌はビフィズス菌をサポートし、増やす力があるのです。

お腹の健康のためにも、どちらの菌も増やし、善玉菌の割合を高めていきたいものですね。

圧倒的な数を占めるビフィズス菌もストレスや食生活などによって菌数が変化していき、加齢により中高年以降急速に減少することが知られていますので、特に中高年以降は要注意です。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ