自分に合う乳酸菌とは?

腸内フローラはひとりひとり異なるから、自分に合う乳酸菌も異なる

腸内フローラを構成する細菌は人によって異なる

自分に合う乳酸菌でなければ、整腸効果も半減する

腸内フローラを活性化し、腸内環境を健全にするために、ヨーグルトやサプリメントで
乳酸菌を積極的に採っている人が増えています。

ところが、同じ乳酸菌を採っていても、変化が感じられる人もいれば、
変化を実感できない人もいます

あの人は便秘が解消してすごくいいと言っているけれど本当だろうか?

私のお腹には何の変化も起こらないけれど?という経験はありませんか?

実は、腸内フローラ(腸内細菌叢)はひとりひとり異なっているというのがその理由

人それぞれ腸内フローラが異なれば、自分に合う乳酸菌もそれぞれ異なるということ。

他人のお腹に効いた乳酸菌が、自分のお腹にも効く自分に合う乳酸菌とは限らないのです。

人間は胎児の時は無菌ですが、生まれた直後から母親や周囲の環境により様々な腸内細菌を獲得し、独自の腸内フローラを形成していきます。

しかもそのフローラを構成する菌の種類や数が人によって全く異なっているのです。

また口から採る乳酸菌は基本的に腸内に定住することはありません

腸内に滞在し、通過する時間には差がありますが(滞在期間の長い菌も発見されています)、やがて食べ物のカスと一緒に便の材料なって排泄されます。

しかし、どうせ排出されてしまうのなら、意味が無いという訳ではありません。

滞在している間は、腸に元々住み着いている善玉菌と共に酸を作ったり、死んだ菌の成分が善玉菌のエサとなったりして、腸内で有用な働きをし、腸内環境改善、健全化に役立つのです。

(ですから、毎日継続して摂り続けることが必要だといわれるのです)

この時、もともと生息している菌との相性や、腸内の環境により、口から入った乳酸菌がよい働きをするか、あまりしないか、に差が出るため、乳酸菌には「合う、合わない」があるというわけです。

一口に乳酸菌といっても、その種類や性質は異なり、属・種・株で細かく分類されています。

働きや効果も菌種や菌株によって違うのです。

そして、自分に合う乳酸菌であれば、腸内フローラに生息する常在善玉菌は活性化し、整腸効果も加速して高まるといわれています。

反対に自分に合わない菌だとその効果は半減するといわれていますので、自分に合う乳酸菌を見つけて摂取することが、腸内環境を改善するための大切なポイントとなるのです。

自分に合う乳酸菌の探し方〜一定期間試して相性を判断する

一定期間試して、自分のお腹に合うヨーグルトや乳酸菌サプリメントを探そう

腸内フローラとの相性いい、自分に合う乳酸菌を探すためには、とりあえず試しに食べてみて、腸の状態の変化をみるしかありません

便の状態は変化したか?排便回数は増えたか?便意は?肌の状態は良くなったか?花粉症の症状は軽減したか?等、効果を確かめるために最低でも2週間から1ヶ月は継続してみましょう。

ちなみに、便は色が黒から黄色、臭いが和らぎ、硬い便から柔らかい便に変化する傾向がみられれば、腸の働きが良くなって、腸内環境は改善方向に向かっている証となります。

また、最近では乳酸菌の美肌効果やアレルギー改善効果なども注目されていますので、
便秘だけでなく、肌トラブルやアレルギー症状の改善傾向もみられるかもしれません。

その結果、あまり有用な実感がなければ、別のものを試していく、というのが正解です。

お腹の調子が良くなった等、効果が実感できたか?改善の度合いを判断材料にして
自分に合った乳酸菌を探してください。

便秘の改善効果や便の状態の変化などが感じられないまま、同じものを採り続けるのは、
あまり効率が良くない摂り方といえます

よく長期間(半年〜1年も)飲んでるのに効果なし、残念です、といった
乳酸菌サプリ購入者の体験レビューを目にしますが、ちょっともったいないなと感じます。

ヨーグルトでもサプリメントでも、より良い効果が実感できる自分に合う乳酸菌を探し続けることが大事なんですね。

チェック 乳酸菌サプリの選び方〜自分に合う乳酸菌を探そう!

乳酸菌をサプリで摂ろうとお考えなら、配合されている菌の数や種類、コスパも要チェックです。

試すサプリに配合されている菌の種類や量をチェックしてから選べば、自分に合う乳酸菌を
効率よく探せるのではないでしょうか。

コスパのチェックでは、予算に応じた続け易さや試しやすさを確認することができます。

乳酸菌の配合量や配合菌種、コスパなどを比較して紹介していますので参考にして下さい。

矢印 乳酸菌サプリをコスパで比較

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ