乳酸菌シロタ株の特徴と効果

トクホ乳酸菌飲料として親しまれてきた、生きて腸まで届くヤクルト菌

ヤクルトの乳酸菌シロタ株

ラクトバチルス(属)カゼイ(種)・シロタ株

(Lactobacillus casei strain shirota/L.カゼイ YIT 9029)

出典:シロタ株.jp

シロタ株を発見したのは医学博士の代田稔(しろたみのる)氏。

後にヤクルトの創始者となる代田博士(京都帝国大学・現在の京都大学)が
1930年に強化培養に成功した乳酸菌です。

医療が発展途上であり、抗生物質も無く、チフスを始め感染症で死亡する子どももいた時代。

代田博士は1人でも多くの命を救いたいと願い、予防医学を学び、微生物研究を続けた結果、
胃酸や胆汁にも負けず生きて腸まで届き、人々の健康に役立つ乳酸菌を発見したのです。

その後5年をかけて、ヤクルトの商品化に成功しました。

以降ヤクルトは75年以上の年月をかけて、シロタ株の研究に取り組んでおり、
シロタ株が配合された「ヤクルト」や「ジョア」はトクホ食品として、長年多くの方に
親しまれてきた、国内のみならず、世界中からも注目されている乳酸菌といえます。

これまでの実験、研究でシロタ株には様々な効果があることが分かっています。

 ヤクルトの乳酸菌シロタ株の効果

  • 高い整腸作用

    4週間に亘り1日100億個以上シロタ株を摂り続けた結果、腸内のビフィズス菌が3倍になり、
    大腸菌は5分の1に減少し、腐敗物質の生成を抑制したたという実験データがあります。

    胃酸や胆汁に負けず、生きて腸まで届き、腸内環境を改善するための
    「善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす」に貢献する乳酸菌といえるでしょう。

  • O-157対策

    シロタ株が生成する乳酸には腸管出血性大腸菌O-157の増殖を抑制し、O-157が生成する
    ベロ毒素濃度を引き下げる等の殺菌効果や感染防御効果があることが分かっています。

  • NK細胞活性化

    NK細胞の力が弱くなりやすい喫煙習慣者がシロタ株を採り続けると、約66%の人の
    NK細胞が活性化したとの実験結果報告があります。

    NK細胞はガンのリスクにも関係があるため、シロタ株には大腸ガンやぼうこうガンの
    リスク低減に貢献する可能性も考えられています。

  • 花粉症などアレルギー症状軽減

    シロタ株はアレルギーに関わる細胞のバランスを調整する働きをします。

    花粉症等のアレルギー症状はTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れ、Th2細胞優位に
    なることが原因です。

    特に現代人はTh2細胞優位になりがちですが、シロタ株はTh1細胞を活性化させ、
    Th2細胞を抑制し、二つのバランスを整えることで、アレルギー症状の軽減につながる
    働きをします。

シロタ株入り乳酸菌飲料ヤクルトは1935年の発売開始以来、現在も世界中で販売されています。

代田博士の情熱で発見された「乳酸菌シロタ株」は世界でも非常に認知度が高い菌株といえるでしょう。

シロタ株配合のヨーグルト

 ソフール

生きた乳酸菌 シロタ株が1個に10億個以上入っているハードタイプのヨーグルト。

ヤクルトのソフール プレーン ヤクルトのソフール 洋なし ソフールはソフトタイプのフルーツヨーグルトという言葉を縮めた造語だそう。ストロベリー、プレーン、LTはトクホです。

ソフールを食べた感想

 ソフール プレーン    ソフール 洋なし