SBT2055(ガセリ菌SP株)の特徴と効果

世界で始めて生きて腸に定着することが証明された乳酸菌

SBT2055(ガセリ菌SP株)

ラクトバチルス(属)ガセリ(種)・SBT2055株

(Lactobacillus gasseri SBT2055)

出典:雪印メグミルク・これからは「ガセリ菌SP株」

SBT2055は雪印メグミルクが研究、保有する菌で、ガセリ菌SP株とも呼ばれます。

(SPはスペシャルではなく、雪印・プロバイオティクス-Snow Probioticsの頭文字)

SBT2055株(ガセリ菌SP株)はヒト由来、その中でも日本人由来の乳酸菌であることが
特徴の一つ。主に日本人の小腸に多く存在しているため、大腸で働くビフィズス菌等と
組み合わせた商品が多く開発されています。

また、SBT2055(ガセリ菌SP株)は、2001年に世界で初めて
生きて人の腸に定着する」ことが科学的に証明された乳酸菌としても有名です。

実験では7日間、ガセリ菌SP株を摂取した8名中、90日間経過後にも
4名の便の中からが菌が検出され続けました。

更にその期間中は便中の腐敗物の減少等の改善効果が見られたことから、
腸に長く留まることが腸内環境改善に有効だと予想されています。

その後の様々な研究結果により、ガセリ菌SP株には次のような効果も確認されています。

  • コレステロール値が高い人の血清コレステロール値低下
  • 内臓脂肪・皮下脂肪・復囲・体重の減少効果
  • 免疫力強化
  • ブドウ菌(有害菌)の付着抑制効果
  • 悪玉菌クロストリジウム(老化の原因)の減少
  • 赤血球を包む脂肪酸の酸化抑制で血液状態の向上

特に肥満傾向者に行った1日200gのガセリ菌SP株ヨーグルトを12日間摂取してもらった
試験では、平均で内臓脂肪、皮下脂肪、ウエストサイズ、体重がそれぞれ減少するという
結果が得られています。

この結果からはガセリ菌SP株が腸の動きを活発にしたことで、食べ物の移動がスムーズで
移動時間も速くなり、脂肪や糖分の過剰吸収を抑制されたのではないかと考えられており、
生活習慣病予防や肥満解消などへの有用な作用が期待されています。

ガセリ菌SP株は、人間の腸に長く留まることが証明された乳酸菌。
継続的に食べ続ければ、善玉菌を増やして腸内環境を改善するだけでなく、
内臓脂肪も減少させ、健康的な体調の維持とダイエットといった一石二鳥の
活躍をしてくれるかもしれません。

ガセリ菌SP株配合のヨーグルト

  恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト アロエ 100g

恵  ガセリ菌SP株ヨーグルト アロエ 100g

ガセリ菌に加えアロエそれと脂肪ゼロ&低カロリーでヘルシー度はかなり高い!

味は酸味も甘みも控えめで、すっきりした風味で、とろとろ、ふわふわクリーミーなヨーグルトでした。

「ガセリ菌SP株 アロエヨーグルト」を食べた感想