LKM512の特徴と効果

腸まで届いて増殖し、腸の老化を防ぐ善玉物質ポリアミンを作る

協同乳業LKM512

ビフィドバクテリウム・アニマリス亜種ラクティス・ LKM512株

(Bifidobacterium animals subspecies lactis LKM512)

出典:ビフィズス菌LKM512(協同乳業)

LKM512は1997年に発見されたビフィズス菌で、胃酸の影響を受けずに、
生きて腸まで届く生命力の強さに加え、腸に接着し、大腸内で増殖する特長があります。

1日1回30億のLKM512を摂取した結果、2週間後になんと2000億に増殖したという研究結果もあるそうですので、その生命力と定着力、増殖力は他の菌と比較して群を抜いているといえるかもしれません。

ビフィズス菌LKM512を独自研究している協同乳業から、メイトーブランドのLKM512配合ヨーグルトや顆粒タイプのサプリ、ヨーグルト種菌などが販売されていますので、便秘でお悩みの方は1度試してみる価値のある菌だといえそうです。

メイトー/ビフィズス菌LKM512

LKM512には腸内環境改善による便秘への効果やアトピー性皮膚炎の改善効果など
様々な働きがあることが判明していますが、中でも最も注目されているのが
腸内で腸の老化を防ぐポリアミンを作り出す作用

ポリアミンとは人間の体内に20種類以上存在している成分で、アミノ酸の一種、
アルギニンやオルニチンにより合成されます。

母乳にも含まれている成分で、産後2週間くらいまでは特にその量が多くなり、
乳児の成長促進に影響を与えていると考えられています。

また、ポリアミンは人間だけでなく、ウィルスをはじめ細胞を持つ多くの生物に存在しており、
細胞分裂に伴う遺伝子のコピー等、細胞の生まれ変わりに深く関与している為、
不足すると老化が促進すると考えられています。

人間の場合、ポリアミンを合成する酵素の活性力が20歳頃をピークに低下し始めるのに伴い、
合成できるポリアミン量も減少していくため、徐々に老化が加速するといわれます。

 期待されるポリアミンの効果

LKM512が作るポリアミンには様々な効果が期待され、注目を集めています。

  • ガン予防

    腸内にある有害物質(食事や微生物に由来するものや微生物が作り出すもの)が
    DNAに損傷を与え、ガン化のきっかけとなりますが、ポリアミンには損傷したDNAを修復する作用があります。

  • 寿命を延ばす

    実験ではLKM512株はマウスの寿命を延ばしたことが確認されており、人間への効果も期待され、研究が続いています。

  • 大腸バリア機能の維持

    腸内でLKM512がポリアミンを作り出すことで、腸内の慢性炎症を抑制し、バリア機能を維持できるようになれば、老化抑制や寿命を延ばす可能性があると考えられています。

上記以外にもポリアミンは血管壁炎症や動脈硬化予防にも効果が期待されている成分です。

このように、LKM512が生きて大腸へ届き、ポリアミンを作り、増やすことで腸の細胞が若返り、腸の老化を防ぐことが研究で明らかになってきています。

今後は全身のアンチエイジングへの効果にも期待されており、研究が続けられています。

管理人も細胞を元気にして分裂を促すポリアミンのアンチエイジング効果に興味を持ち、ポリアミンを多く含まれる食品を積極的に摂りたいと考えましたが、食事由来のポリアミンは小腸で吸収され大腸まで届かないとのこと。(ちなみに、ポリアミンを豊富に含む食品は、豚肉、鶏肉、たらこ、貝類、きのこ類、豆類、発酵食品など)

食事では大腸まで届かないポリアミンを腸内細菌に作ってもらえれば、ありがたいですね。非常に効率的に若々しさを保てるかもしれないのです。

腸内バランスの悪化の大きな原因は腸壁や腸粘膜の老化だと考えられていますので、LKM512は便秘の改善だけでなく、腸年齢の老化防止にも大いに貢献してくれる可能性のある希少なビフィズス菌といえそうです。

 科学的に効果が証明されているビフィズス菌LKM512