LB81乳酸菌の特徴と効果

LB81乳酸菌を継続摂取することで、腸内環境や肌トラブルが改善

LB81乳酸菌

ラクトバチルス(属)ブルガリカス(種)・2038株

ストレプトコッカス(属)サーモフィラス(種)・1131株

 

出典:明治ヨーグルトライブラリー

 

LB81乳酸菌は、明治がブルガリア菌(Lactobacillus bulgaricus)2038株と
サーモフィラス菌(Streptococcus thermophilus )1131株を組み合わせて作った乳酸菌。

どちらもヨーグルトの本場、ブルガリアで伝統的に使われている菌種です。

LB81のLBはLactic Acid Bacteria(ラクティック・アシッド・バクテリア)の頭文字から、
81は2038と1131の最後の番号を組み合わせたものです。

LB81乳酸菌ははいくつかの研究、実験を通して、様々な健康効果が確認されています。

明治と日本獣医畜産大学食品衛生学教室との共同研究では、
健康な成人男性(38歳〜59歳)8人に毎日500gずつ2週間食べてもらったところ、
排便回数が増え、臭気緩和が確認されました。

また、腐敗産物の減少、善玉菌が増加傾向を示し、食べるのを中止して
2週間経過後には元の状態に戻ることも確認されています。

この結果から、LB81には腸内環境改善効果が認められると同時に、
継続して食べ続けないと効果は持続しないことが分かります。

 

さらに、明治と昭和女子大学生活科学部との共同研究によると、
LB81乳酸菌を毎日100gと250gを6週間食べたそれぞれのグループで排便回数や
便の形状に健全化が見られ、特に便秘傾向者に顕著であるという結果が出ています。

よく一日何グラムヨーグルトを食べれば便秘改善が期待できるかという声が聞かれますが、
この研究結果によれば100gで便秘改善が可能と言えるという結果が出ています。

また、一般論になりますが、便秘が肌に悪影響を及ぼすことは女性なら実感していることです。

LB81を皮膚の乾燥に悩む20歳から39歳の女性に毎日240ml、4週間採ってもらったところ、
弾力性や乾燥が改善されたという結果も報告されています。

やはり便秘改善は肌への影響が大きいということを証明した実験として、
女性には興味深いものがあります。

 

歴史ある明治ブルガリアヨーグルトに利用されているLB81を用いた様々な研究結果では、
腸内環境や便秘、肌トラブルの改善にはヨーグルト摂取は有効であるけれど、食べ続けないと
効果が継続せず、元に状態に戻ってしまうということが改めて証明されています。

LB81配合のヨーグルト

「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」は1971年、日本最初のプレーンヨーグルト「明治プレーンヨーグルト」を発売して以来、研究を重ね、1993年に乳酸菌を現在のブルガリア菌とサーモフィラス菌に変更し、「明治ブルガリアヨーグルトLB51」からリニューアルした、最も歴史あるプレーンヨーグルトの定番。

腸内細菌のバランスを整え、お腹の調子を良好に保つことが科学的に証明され、
1996年にはトクホにも認定(ドリンクタイプも)されています。

明治ブルガリアヨーグルト脂肪0 苺  明治ブルガリアヨーグルト脂肪0洋なし&巨峰  明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト プレーン