L-55乳酸菌の特徴と効果

ヒト由来で胃酸や腸液に強い乳酸菌

オハヨー乳業 L-55乳酸菌

ラクトバチルス属アシドフィルス種・ L-55株

(Lactobacillus acidophilus L-55)

出典:オハヨー乳業 基礎研究室 L-55乳酸菌について

L-55株はオハヨー乳業が2000年に乳幼児の腸内から発見した乳酸菌です。

ヒト由来なので、人間の胃酸や腸液への耐性がとても強いのが特徴の一つ。

胃酸耐性実験では100%の生存率、腸液耐性実験でも減少が殆ど見られないほど、
生きて腸迄届く力が強い乳酸菌なのです。

さらに、L-55乳酸菌は生命力の強さだけでなく、腸内に長くと留まることのできる
付着性の強さも確認されています。

乳酸菌は腸内に長時間留まれば留まるほど、より有用な機能を発揮できます。

この点については、腸管上皮細胞にどれくらいの時間付着していられるかを観察する実験が行われていますが、ブルガリア菌やサーモフィルス菌などと比較して、L-55菌は明らかに付着性が高いという結果が出ています。

こういった実験結果からも、L-55菌は生きて腸迄届き、腸管に留まりながら増殖する可能性がとても高い乳酸菌と言えるでしょう。

L-55乳酸菌の効果

L-55乳酸菌には以下の効果があることが試験によって確認されています。

 花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を軽減

L-55乳酸菌は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑制する機能が
試験によって確認されています。

花粉症のマウスにL-55乳酸菌株を与えたところ、「鼻をかく」「くしゃみをする」といった反応が
抑制されたのに加え、血中のlgE抗体量が減少しました。

この結果から、lgE抗体が減少することで炎症物質も減少し、アレルギー症状の抑制に繋がったと考えられています。

さらに、アトピー性皮膚炎のマウスでも同様に症状の緩和という結果が得られています。

 イソフラボンの吸収率を格段にアップさせる

大豆製品に豊富なイソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをすることが知られていますが、L-55乳酸菌を採ると体内で吸収されやすい「アグリコン型」に変換する作用があるという実験結果が出ています。

更年期症状に悩む女性にとって、イソフラボンは大事な成分であり、積極的に採っているものですから、吸収力が上がることは、とても有効な効果ことといえるでしょう。

L-55株は胃酸や腸液に強く、生きて腸迄届く確率が非常に高いヒト由来の乳酸菌です。

加えて腸管にも長く留まり、その力を発揮することが期待されています。

L-55乳酸菌配合のヨーグルト

 季節の果実 はっさく&ヨーグルト

オハヨー乳業 季節の果実 はっさく&ヨーグルト

オハヨー乳業の「季節の果実 はっさく&ヨーグルト」は生きて腸まで届くL-55乳酸菌入りのフルーツヨーグルト。和歌山県産のはっさくがゴロゴロとたっぷり入っている!果肉の多さに驚きました。

味もはっさくの味と苦味がしっかり味わえて◎。

ヨーグルトもとてもなめらかで、食感も良く、季節限定なのが、残念と思わせるほど、久々に満足できる贅沢なフルーツヨーグルトでした。

オハヨー乳業「季節の果実 はっさく&ヨーグルト」と食べた感想