ビフィズス菌GCL2505(BifiX)の特徴と効果

生きて腸まで届き、お腹の中で増えるヒト由来のビフィズス菌BifiX

ビフィドバクテリウム(属)・アニマリス亜種ラクティス(種)・GCL2505株

(Bifidobacterium animalis subsp.lactis GCL2505)

GCL2505株はグリコが発見した独自のヒト由来ビフィズス菌。

グリコ乳業はこの株を「ビフィズス菌BifiX」と名づけ、商品化しています。

ちなみにBifiXはグリコ乳業による造語で「Bifi」がビフィズス菌をあらわし、
「X」が「まだ見ぬ」「未来への期待」を意味しているそうです。

このGCL2505株最大の特徴は、お腹の中で増えることにあります。

これまでの研究の結果、GCL2505株の入ったグリコ乳業のヨーグルトを採ると、
腸内でその数が10〜30倍に増えることが確認されています。

GCL2505株はヒト由来なので人間との相性がよいといわれており、
元々このGCL2505株が腸内にいなかった人でも、食べれば翌日以降の便に
食べた量の数十倍の株が含まれるという結果が出ています。

つまり、GCL2505株は生きたまま腸へ届き、腸内で増えているということです。

(ただし自分の腸内にいなかった菌は定着しづらいといわれています。実際、1週間程
経過すると便に排泄されなくなることからも、増えても定着しないことが裏付けられます。

腸内環境改善効果を期待するなら、定期的に採り続けることが必要なようです。

しかし、GCL2505株はその効果が数日間持続することも明らかです。この為毎日では
なくとも、2〜3日に一度程度の摂取でもある程度の改善が期待されますので、
ヨーグルトがあまり好きでない人にも続けやすいといえるでしょう。)

また、グリコ乳業と京都府立大学大学院生命環境科学研究科長の牛田一成教授との
共同研究では、動物試験でGCL2505株は腸内で増えるだけでなく、酢酸、酪酸、
プロピオン酸も増やし、腸管粘膜分泌も増加させるという実験結果が出ています。

酪酸やプロピオン酸等の有機酸は腸内で殺菌作用を発揮しますので、腸管粘膜分泌効果と
合わせて、大腸内のバリア機能を高める効果にも期待が寄せられています。

通常のヨーグルトでは生きた乳酸菌やビフィズス菌を大量に摂取するのは難しいと
いわれていますが、生きて腸まで届き、腸内で増殖してくれるグリコ乳業のビフィズス菌
BifiX(GCL2505株)を継続摂取すれば、腸内環境の改善に大きく貢献してくれそうです。

ビフィズス菌GCL2505(ビフィズス菌BifiX)配合のヨーグルト

  朝食BifiXヨーグルト 朝果実ミックス

朝食BifiXヨーグルト 朝果実ミックス

グリコ朝食ビフィックスシリーズ「朝食BifiXヨーグルト 朝果実ミックス」は5種類の果物(果肉〜りんご、温州みかん・果汁〜オレンジ、プルーン、アセロラ、)が入ったフルーツミックスなのにヘルシーな脂肪ゼロがうれしい♪しかも胃酸に負けずにおなかで増えるビフィズス菌BifiXを配合!

飽きのこない、ほのかな甘さの朝食BifiXプレーンタイプがお気に入りの私は迷わず購入しました。

朝食BifiXヨーグルト 朝果実ミックスを食べた感想