ビフィズス菌BB536の特徴と効果

生命力が強く、生きたまま腸に届く、ヒト由来のビフィズス菌

LB81乳酸菌

ビフィドバクテリウム(属)・ロンガム(種)・ BB536株

(Bifidobacterium longum BB536)

出典:森永乳業のビフィズス菌(ビフィズス菌研究所)

ビフィズス菌BB536は森永乳業株式会社が1969年に乳児の腸管内から分離し、
研究を続けているビフィズス菌。ヒト由来であるため、他の動物由来のビフィズス菌に
比べると、より人間に適した菌だと考えられています。

ビフィズス菌BB536の大きな特徴は生命力の強さ。

BB536は一般的なビフィズス菌に比べて、熱、酸、酸素に強く、生きたまま腸まで届き
乳酸や酢酸を生み出すことが確認されています。この酸が腸を刺激し、ぜん動運動を促し、
消化活動を活発にし、便秘解消に役立つのです。

そして、酢酸は強い殺菌力でウィルスの定着や吸収を抑制するので、
免疫力向上にも貢献します。

更に、高い安全性も注目ポイントです。

BB536は30カ国以上で利用されており、その効果や安全性が世界的に認めらたビフィズス菌。

2007年にはアメリカFDA(食品医薬品局)から食品使用のビフィズス菌としては世界で初めて
「GRAS(一般的に安全と認められたもの)」の認定を受けています。

このように、長年の研究と販売実績を誇るBB536は腸内環境の改善や免疫力の向上など、
様々な健康効果が期待できる安心安全なビフィズス菌といえるでしょう。

以下は試験で効果が実証された機能性です。

  • O-157の感染予防

    マウスを使った実験ではBB536株がO-157の感染抑制につながるという結果が
    得られています。

  • 潰瘍性大腸炎の症状緩和

    BB536は厚生労働省指定難病(特定疾患)「潰瘍性大腸炎」の症状緩和に
    一定の効果があるという試験結果から、病気の進行を食い止める働きがあるのでは
    ないかとも考えられています。

  • アレルギー症状の緩和

    花粉症のくしゃみ、鼻水、目や鼻のかゆみなどの諸症状を軽減させる効果も
    明らかになっています。花粉症患者がBB536を含むヨーグルトを14週間
    食べ続けたところ、アレルギーの症状が軽減しました。

    国民病とも言われるスギ花粉症ですので、毎日の摂取で症状が軽減されるというのは
    朗報でしょう。(ただし、即効果が表れるのではないので、少なくとも花粉飛散時期の
    1ヶ月前からは食べ続ける必要があります)

  • 大腸がん予防

    大腸がんのリスクを高めるとされる強力悪玉菌「ETBF菌(毒素産生型フラジリス菌)」
    の減少作用も報告されています。

    ETBF菌は日本人の10人に1人、約1000万人の感染が疑われており、大腸のピロリ菌と
    呼ばれている程。ETBF菌は腸内で自覚が無い程度の低レベル炎症を発生させており、
    持続するとガン化が促進されると考えられています。

    大腸がん患者の40%弱がETBF菌を保有していますが、健常者の保有率も12.5%程。

    特に近年日本人女性のガン死亡原因第1位の大腸ガンリスクを減少させる為にも
    ETBF菌の抑制について研究が進んでいます。

    実際に、ETBF菌保有者に8週間に亘ってビフィズス菌BB236入りヨーグルトを
    食べてもらい、便中のETBF菌数を測定したところ、実験終了時には数が10分の1迄
    減少したという結果が出ています。(ただし、継続摂取しないと20日程度で元に戻る)

長年の販売実績と世界に認められた高い安全性を誇るビフィズス菌BB536を用いた
森永乳業のヨーグルトは、花粉症軽減、大腸がん予防といった効果も期待できる優れもの。

ヒト由来のビフィズス菌は確かに期待できそうです。

ビフィズス菌BB536配合のヨーグルト

  ビヒダスBB536 プレーン加糖タイプ

ビヒダスBB536プレーン加糖タイプ

ビフィズス菌BB536に加え、ビフィズス菌を元気にするオリゴ糖を配合した、 カップサイズのプレーン加糖タイプヨーグルト。

食べた感想は、ミルク風味の甘みと風味にコクがあって、懐かしい味わいの想像以上に美味しいプレーンヨーグルトでした。

「ビヒダスBB536 プレーン加糖タイプ」を食べた感想