R-1乳酸菌(1073R-1)の特徴と効果

明治R-1ヨーグルト(1073R-1株)がNK細胞を活性化させ免疫力を強化

1073R-1乳酸菌

 

ラクトバチルス(属)・ブルガリカス(種)・ OLL1073R-1株

(Lactobacillus bulgaricus OLL1073R-1)

出典:明治ヨーグルトライブラリー

 

1073R-1乳酸菌は株式会社明治が保有するブルガリア菌です。

1073R-1乳酸菌はEPS(extracellular polysaccharides)という多糖体を産生するのが特徴。

EPSは免疫賦活作用を持つ物質で、野菜のオクラやなめこ等、ヌルヌル部分の
成分としても知られています。

大ヒットしたR-1ヨーグルト

このEPSにはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化し、体の抵抗力を高めることで、風邪罹患リスクの低減やインフルエンザ抑制効果の可能性があるとして1073R-1乳酸菌が入った『R-1』シリーズのヨーグルトや飲料が注目を集めています。

(関連記事乳酸菌がインフルエンザを予防

 

1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを山形県舟形町と佐賀県有田町在住の高齢者を対象に、毎日90gずつ食べてもらった実験ではいずれの地域でも
風邪罹患リスクの低減、NK細胞活性の是正効果がみられました。

 

また、同じく佐賀県有田町で2010年10月1日〜2011年3月18日、小中学生計1,904名
を対象に1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを食べてもらったところ、期間中の
インフルエンザ感染率が隣接3市(伊万里市、武雄市、嬉野市)と比較して低い傾向が見られ、
特に小学生では約10分の1と顕著な差が出ました。

 

上記の実験結果の発表に伴い、R-1ヨーグルトが大人気となり、
スーパーの陳列棚から消えた時期もあった程。

 

1073R-1乳酸菌を使った製品は消費者から
インフルエンザの予防」「風邪をひきにくくなる」「免疫力、抵抗力を高める
といった期待がもたれていると言えるでしょう。

1073R-1乳酸菌配合のヨーグルト

 明治ヨーグルトR-1

明治ヨーグルトR-1

インフルエンザに効くヨーグルトと認知された時には販売制限がかかった程の人気が記憶に新しいR-1。特許も取得し、今では冬の定番ヨーグルトとして、売っていないスーパーは無い程になりました。低脂肪タイプや低糖低カロリードリンクも発売され、ラインナップも充実してきています。

 

 R-1ヨーグルトを食べた感想