花粉で悪化する便秘にトマト寒天が効いた♪

tomato-kanten

 寒い季節に便秘が悪化しがちな管理人です。おそらく、寒さによる運動不足と、水分摂取量低下が原因かなと自己分析中。

更に花粉症の季節になると、腸内環境が悪化するのか、更に便秘が加速するという悪循環な2ヶ月間。

なんとか便秘解消したいと思ってるタイミングに、サタデープラスでトマト寒天を紹介していて、早速飛びついてみました。

レシピを探して作ってみた!

作り方はきわめて簡単です。
番組では棒寒天を使っていましたが、あいにくスーパーで売り切れ。

ネットでレシピを検索すると、ゴロゴロ出てくるのですが、粉寒天でもほぼ同じ効果という文言があり、私はお手軽に粉寒天を使ってみました。

ちなみに、棒寒天は1本は粉寒天4gに相当。市販の粉寒天小分けタイプはたいてい4gになってる層です。わかりやすいですね。

色々レシピを見ましたが、私が選んだのは水の量が少なめだったもの。

材料は

  • トマトジュース無塩タイプ 450㏄
  • 水50㏄
  • 粉寒天4g

作り方は材料をまとめて鍋に入れて、火にかけ、煮立ったら火を弱めて1分程度煮込んで火を止めます。

少し冷めたら容器に入れて固めて冷蔵庫で保存。3日くらいもつそうですよ。

普段寒天を使わないのですが、あっとういう間に固まり始めるのに感動しました。

トマト寒天を食べてみた

ものすごい固いですね~羊羹並の固さで、食感はつるつるです。

当たり前ですが、みつ豆に入ってる寒天です。

食感重視なら、もっと寒天の量を減らすでしょうけれど、あくまでも便秘解消目的ですから。減らしたら意味ありません。

容器にはりつくこともなく、ナイフを入れたところだけがさっと取り出せて扱いやすいのはいいですね。

味はトマトジュースの風味が無い感じです。トマトジュースはとろっとしたのどごしと香りがあるので美味しいのだとわかります。

夫にトマト寒天を試食させたら「オレはいらない」とのこと。

色々文句言いましたが、便秘解消できるなら全然問題ございません。
我慢するというような味でもありませんので。

翌日の結果

土曜日にサタデープラスでトマト寒天を見て、午後スーパーで買ってきて夕方作り、夜食べて、日曜日に寒天2g相当分を食べたところ・・・

月曜日のお通じはかなり改善の兆しですよ。一日2回来ましたからね。

ちょっといい気分になって、味噌汁やスープにそのまま入れたり、水で戻して酢の物やサラダで食べる「糸寒天」も買っちゃいました。

私の場合、野菜は朝、昼、晩で相当食べてる自覚があるのですが、不溶性食物繊維が多すぎなのかも。

きゃべつ、小松菜、もやし、しめじ、菜の花・・・かえって便秘を促進してる可能性がありますね。

寒天は水溶性食物繊維だから、バランスとれていいのかも♪

とはいえ、これまで色々食べても、すぐに体が慣れて効かなくなることが多いので、あまり浮かれずに様子を見ようと思います。

とりあえず、トマト寒天は作った甲斐がありました!
便秘の方、オススメですよ。



このページの先頭へ