秋は注意!季節の変わり目と便秘の関係

秋は便秘になりやすい?

便秘気味の人が夏から秋にかけて便秘が悪化するということがよくあります。

季節の変わり目は腸内環境も変わり目。便秘を悪化させないように、特に寒くなってくる時期には注意が必要です。

夏から秋にかけて気温が下がり、喉も渇かなくなってくる為、水分摂取量が減ってしまいます。その一方で空気は乾燥してきますので、知らず知らずの間に水分不足になりがちなのです。

体内の水分量が不足することで、腸内の水分も不足気味になり、便が硬い、コロコロ便となり便秘が悪化していきます。

また、朝晩の気温差が激しく、衣類や寝具での体温調節も難しい時期。薄着で体を冷やすことで、血行不良を招き、胃腸の機能も低下しがちです。

日中は気候がよく、天高く馬肥ゆる秋、食欲は旺盛でうっかり食べ過ぎ、飲み過ぎれば消化不良や便秘の原因になります。思い当たるフシが誰にでもあるのでは?

そこで秋の便秘を避けるためには、まず不用意に体を冷やして血流を悪化させないこと。飲み物はホットに、下半身を冷やさないように、軽い運動で体温を上げる等の冷え対策を怠りなく。

体を冷やすと胃腸の働きが弱くなりますので、普段から運動不足を自覚している人は要注意。運動する時間が無いなら、階段を使う、早歩きをするなど、同じ環境で少しでも負荷をかける工夫をするのもおすすめです。

また秋に旬を迎える根菜類は、不溶性食物繊維が豊富で食べ過ぎるとかえって便秘の原因になることがあります。ごぼうやかぼちゃ等は食物繊維は豊富ですが不溶性ですので、食べ過ぎに注意が必要です。

季節の変わり目は風邪をひきやすく、体調を崩す人が多いように、気温差、湿度変化に順応しづらく、便秘にもなりやすいのです。

普段から発酵食品や水分を意識するのと同時に、乾燥してくる秋口には水分補給と冷え対策をしっかりして、便秘を重症化させないように気をつけて過ごしたいものです。



このページの先頭へ