うつ 改善

腸内環境が悪化すると、うつ状態になって気分が落ち込む?

最近の研究で、腸内環境とうつ状態、気分の落ち込みなどは、関係があることが分かってきています。

私達が幸せややる気といった気持ちを感じるのには脳内伝達物質が関係しています。

一つはセロトニンで「喜びや快楽」を伝える物質。

もう一つはドーパミンで「やる気」を起こしたり気持ちを奮い立たせる働きがあります。

セロトニンやドーパミンが不足すると、喜びや楽しみ、やる気といった気持ちが感じられなくなってきますので、気分が落ち込む、キレやすくなるなど、気持ちが不安定になりやすくなるのです。

特にセロトニンはうつ病と深い関係があるのですが、体内に存在する
セロトニンの約90%は腸内に存在し、全身に運ばれているのです。

セロトニンやドーパミンは必須アミノ酸を原料として、主に小腸内でビタミンCやB6、ナイアシン、葉酸などのビタミン類の力を借りて合成されます。

人間はビタミンを体内で合成できないといわれていますが、実はセロトニンやドーパミンの合成に必要なビタミンは腸内細菌が合成しているのです。

もし、腸内環境が悪く、悪玉菌優勢の状態だとしたら、十分にビタミンを合成することは難しくなります。ビタミンが不足すればセロトニンを十分に合成できません。

ですから、うつを改善するセロトニンをしっかり合成するためには、腸内環境を善玉菌優勢にして、ビタミンがきちんと合成できる環境を整えることがとても大事なのです。

腸内環境を整えれば、ビタミンの合成が促進され、セロトニンも十分に作られ、る気が出ない、気分が落ち込むなど、うつっぽい状態に陥りにくくなる、
という好循環が生まれます。

つまり、腸内フローラの細菌バランスの改善すれば、うつ症状も改善されるということです。

 

乳酸菌を与えたら家畜がおとなしくなったという話もあり、動物も腸内環境が整えば、攻撃性が減り、穏やかになるといわれています。

また、「患者の腸を整えたら、8割の方のうつ症状が回復した」と東洋医学に詳しい医師が証言しており、確認された確かな実績もあります。

やはり、腸の状態と心の状態は、想像している以上に密接に関係しているのです。

今後、この分野の研究が進んでいけば、乳酸菌はうつをはじめ多くの心の問題に悩む方の救世主的な存在として更に注目を集めているかもしれません。

乳酸菌やそのエサとなるオリゴ糖、食物繊維をたっぷり摂り、適度な運動、ストレス解消等を意識して、腸内環境の健全化を目指すことは、気分が落ち込んだり、うつ状態にならない為の有効な方法といえるでしょう。

乳酸菌の効果を高める5つの方法〜管理人の心の健康法

乳酸菌パワーを最大限に引き出せば、心の病も防げる!

腸の健康が心の病を防ぐ!!    脳に幸せ物質を増やす乳酸菌の摂り方

まとめ

腸内環境とうつには密接な関係があります。

腸内で幸せや快楽を感じるセロトニンややる気を起こすドーパミンを十分に合成することで、うつになりにくい状態を保てます。その為には乳酸菌や食物繊維の力を借り、腸内環境を善玉菌優勢にキープすることが非常に大事になってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 LG21がビロリ菌を減らす

 腸を整えて美肌になる