カイテキオリゴ 

オリゴ糖の効果とメリットは?

長女と一緒に初めて試したオリゴ糖(カイテキオリゴ)をコーヒーに入れて朝食

便秘に効果抜群!と長女のかかりつけの医者やの友人に強く勧められた、オリゴ糖に関しても調べたところ、秘解消効果が期待できる、様々なメリットがあるということが分かりました。

※ビフィズス菌のエサになり、活性化させる

オリゴ糖が腸内のビフィズス菌や乳酸菌のえさになり、善玉菌活性化を後押しする

まず、熱や酸に強く、人間の消化酵素では殆ど分解されないため、消化・吸収されずに大腸に到達し、善玉菌の代表格であるビフィズス菌の餌になり、活性化させること。

オリゴ糖は腸内で善玉菌を増やすプレバイオティクスの代表選手で、母乳に含まれるオリゴ糖は赤ちゃんのお腹の中のビフィズス菌を劇的に増やして免疫力を高めてくれているようです。

※カロリーや血糖値が気になる方にも安心

また、オリゴ糖は一番小さい分子である単糖が2〜10結合した糖類の一種ですが、胃腸で
消化吸収されにくいため砂糖の2分の一程度の低カロリーなうえ、血糖値も上昇させず
カロリーや糖尿が気になる方にも安心の甘味料だということ。

※腸内にもともと住んでいる善玉菌に活力を与え、増やしてくれる

そして、管理人が最大のメリットであると思ったのは、
腸内にもともと生息する常在善玉菌を活性化し、増殖させてくれるということ。

管理人同様、勘違いしている方もいらっしゃると思いますが、
ヨーグルト等の食品から摂る乳酸菌は、菌種によって滞在時間の差はあるものの、
そのまま腸内に住み着いてくれるわけではなく、いつかは体外に排出されてしまうのです

つまり、腸内環境を健康な状態に保つためには継続的に摂取することが必要だということ。

その点、オリゴ糖は排出されることのない、自身の善玉菌の栄養になり、活力を与えてくれるわけですから、良好な腸内細菌バランスの形成に大きな効果を発揮してくれそうです。

もしかして乳酸菌以上の効果を発揮してくれるかも!オリゴ糖にも期待が高まります。

安心材料の多さと口コミ評価の高さで、カイテキオリゴを選びました

カイテキオリゴのホームページ

調べてみると、オリゴ糖は粉末やシロップ、タブレット、ドリンクタイプ等があり、含有量も様々でしたが、なるべく純度の高いものの中から、売上1のカイテキオリゴを試してみることにしました。

このオリゴ糖は通販のみの販売のようですが、それでも市販されている高純度(90%以上含有)オリゴ糖の中では日本一の販売実績を誇る知名度の高いロングセラー商品のようです。

さらに、

  • 2012〜2014のモンドセレクション最高金賞を連続受賞
  • 日本サプリメント評論会により、安心・安全評価製品として承認
  • 第3者検査機関の放射性物質含有量検査で基準値をクリア
  • 健康管理士と専任アドバイザーのサポート

など、かなり安心材料の多いところも◎、購入の決断を後押ししました。

 薬に頼らず自然な排便が期待できそう!

カイテキオリゴのフォーラムには多数の体験談が掲載されています

カイテキオリゴは、かなりの人気商品のようで
体験談フォーラムのレビュー件数も2800件以上と
読みきれないぐらいの多さです。

便秘の憂鬱さは身に染みていますので、投稿者同様、
便秘が解消したときの喜びを想像しながら、
思わず長時間読みふけってしまいました。。

やはり、ほぼ100%天然成分の健康食品なので、便秘薬のような副作用もない
という安心な、安全な点も多くの販売実績につながっているのでしょう。

フォーラムでも薬に頼れない便秘で苦しむ赤ちゃんのママや妊婦さんの喜びの声が目立ちます。

「排便の痛みが無くなり、うんちを嫌がらなくなった」

「出産間際のため、力むのも怖かったけど、頑張らずに自然に出るんです」

生後すぐの赤ちゃんや妊婦さんでも安心して飲めるのは、とてもうれしいメリットですね。

、幼い子供や妊娠中の方だででなく、私のように薬に頼りたくない方は非常に多く、
「薬に頼らず、排便できれば!」と切に願う人にとっては、かなり期待させられる
商品だと感じました。

 複数のオリゴ糖を配合することで、殆どのビフィズス菌を効率よく活性化!

また、カイテキオリゴの大きな特徴は、腸内に存在する殆どのビフィズス菌のエサとなり得るよう、それぞれとの嗜好と相性を考慮し、複数のオリゴ糖を組み合わせていることです

この独自発明した理論はEOS理論として、特許申請中とのこと。

主な原料は北海道産のてん菜(砂糖大根)、牛乳、樹木などのようで、
実際に原材料を見てみると、

 ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖 

が配合されています。

  • ラフノースは砂糖大根(ビート)から取れる天然のオリゴ糖。
  • ミルクオリゴ糖はラクチュロースとも呼ばれ、牛乳や乳製品などに含まれる。
  • セロオリゴ糖は樹木の繊維を原料にしたオリゴ糖。

腸内に常在するビフィズス菌は30種類以上存在し、それぞれ個性も異なるわけですから、
全てのビフィズス菌が同じオリゴ糖をエサにするわけではないという理屈には納得がいきます。

このような他のオリゴ糖と異なる配合が腸内環境に効率よく働き、多くの利用者の喜びの声に
つながっているのかも知れません。

「腹痛もなく自然な便意で、座るとすぐに出る!人生初かもしれません!」

「バナナみたいな便がスルッと出たときの感動は忘れられません」

「20年来の頑固な便秘がウソのよう!!」

「まさかこんなに効くなんて思いませんでした」

「他の市販のオリゴ糖とは全く違うと感じています」

このような利用者のレビューを目にすれば、すぐにでも試したくなるのは
私だけではないのでは。

それに、コーヒーやヨーグルトなどにスプーン一杯入れるだけの手軽さも、
ずぼらな私にピッタリです。

スッキリ快便できる日を想像すると、何か本当に楽しみになってきました♪

いよいよ我が家のオリゴ糖生活がスタートです!

 体験レポート1週目

 トップページ

関連サイト: 乳酸菌の効果