死んだ乳酸菌の効果は?

死んだ乳酸菌の菌体成分が免疫細胞を活性化する

ヨーグルトを食べる元気な女性>

生きて腸まで届く乳酸菌、という表現がコマーシャルでもよく使われます。

それくらい「乳酸菌は生きていてこそ腸に効果的」というイメージですが、実際に食品として採った乳酸菌はその殆どが胃酸や胆汁酸で分解されてしまい腸まで生きて届かないことが分かっています。

では毎日せっせと食べていても、死んだ乳酸菌には効果が無いのでしょうか?

<生菌と死菌、どちがらいいのか?>

腸内環境改善という視点では生菌の働きが必要で、生菌の方が有益といわれてきました。

つまり、生きて腸まで届く乳酸菌=従来のプロバイオティクスとしての効果を評価する意見です。

しかし、最近では生菌と死菌にはそれぞれの役割とメリットがあり、どちらも、健康維持に良い影響を与えることが判明してきています。

食事やサプリメントで採った乳酸菌は死んでいても、生きていても、やがて便として排泄されてしまっても、私達の体にとって有効な働きをするのです。

生菌は有機酸を作り、腸内に常在する善玉菌の活性化、増殖を助ける働きをします。

矢印 菌が生きて腸まで届く人気1のビフィズス菌サプリとは?

一方の死菌はこのような働きはできませんが、死菌を構成している菌体成分には免疫力調整に関する働き等が期待されおり、この働きは生菌でも死菌でも変わらないといわれています。

また、 加熱殺菌された菌は熱や酸の影響をうけず、品質が安定しています

更にサプリなどに加工しやすく、一度に大量摂取できるのも大きなメリットといえるでしょう。

現在、このような死菌のメリットが注目され、様々なメーカーで菌体成分や乳酸菌の作り出す物質の研究が盛んに行われているようです。

近い将来、従来のプロバイオティクスの条件でもある、生きて腸に届く菌に対する考え方も変わっていくかもしれませんね。

死菌の菌体成分とは?

死菌(死んだ乳酸菌)の場合、菌の体を構成していた成分がなんらかの働きをすると考えられているのですが、これらの成分を「菌体成分」をいいます。

菌体成分は糖たんぱく、細胞質、核酸などの物質です。

<期待される死菌の働きとは?>

死菌となった乳酸菌は生菌のように菌自体が活動することはありませんが、
菌体成分が分解されて、腸壁を刺激し、免疫物質の分泌を促進すると考えられています。

殺菌済みの乳酸菌の菌体成分が腸管の免疫系を刺激して免疫力を高める

菌体成分が腸の免疫系を刺激し、免疫のバランスを調整していることが確認された
実験結果もあるようです。

このような働きにより免疫力が強化されたり調節されたりして、様々な病気やアレルギー予防に役立つものとして注目を集めているのです。

さらに、死菌の菌体成分は善玉菌のエサとなってその増殖を助け、一方で悪玉菌が好む有害物質などを吸着して排泄を促進します。コレストロール値を下げる働きも生死に関わらず変わらないようです。

腸は消化器官であると同時に、免疫細胞が集中する免疫の要でもある為、死菌のもつ「免疫力を高める」働きはおおいに期待されているのです。

このように腸に届く前に死んでしまったり、加熱殺菌された乳酸菌の死菌は腸管免疫を刺激し、免疫力を活性化する働きがあることが判明してきていますので、たとえ腸に届く前に死んだとしても、毎日乳酸菌を採り続けることには意味があるといえるのです。

実際に管理人も生きて腸まで届く乳酸菌50億と加熱殺菌された乳酸菌1兆のどちらがお腹に効くのか?など、様々な種類や配合量の異なるサプリを飲んで検証中です。

今後、体験レビューとして掲載していきますので、そちらも参考にしてください。

チェック 死菌でも1日1兆個(ヨーグルト約100個分)もの乳酸菌を摂ることができれば、腸内フローラは劇的に改善されるかも!!(相性次第だと思いますが)

シリーズ全体販売実績890万個突破!生きて腸まで届くサプリなら!

矢印 菌が生きて腸まで届く人気1のビフィズス菌サプリとは?