乳酸菌の効果を高める

乳酸菌を摂っても便秘が解消されない・・・・その理由とは?

お腹にいい食事や運動を心がけているのに、便秘が解消しない理由は?

最近、注目度が急上昇している腸内フローラを整えるため乳酸菌の豊富に含まれる、乳製品や発酵食品を摂るよう心がけている方は多いでしょう。

なんといっても腸には免疫細胞が集中しているため、腸内環境の健全化は様々な病気や体調不良、アレルギー等の予防、改善にも役立ち、「健康寿命は腸で決まる」とまでいわれるのですから注目度が高まるのも頷けます。

中でも、腸内フローラの状態がストレートに現れる便秘の解消のため腸内環境を改善したいと切実に悩まれている方が最も多いのではないでしょうか。

管理人も長年便秘に悩み、薬に頼らずになんとか「腸内善玉菌を増やし、健康な腸内フローラにしたい」と整腸効果に期待して、毎日ヨーグルトを食べたり、ウォーキングやストッチをしたり頑張りました。

しかし、なかなか頑固な便秘は改善されず、たまに出る硬い便に悩まされ続ける日々が続きました。きっと、管理人と同様の悩みを抱えている方はかなり多いはずです。あなたも管理人と同じ悩みを抱えていませんか?

便秘の原因は様々ですが、腸内環境を整えるために、善玉菌を増やす食事や運動を心がけているし、ストレスも人並み、だけど効果がないという場合、

もしかすると、

  • 「あなたのお腹と相性のいい菌を摂っていない」
  • 「摂取する乳酸菌の数が少なすぎる」
  • 「善玉菌を効率的に増やすエサとなる食材を食べていない」

という可能性もあるのです。

実際、管理人は長女と一緒に試した評判の便秘解消成分の摂取がきっかけとなり、

  • 「人それぞれお腹に効く食品や菌は異なるのでは?」
  • 「自分のお腹の中の善玉菌は少なすぎるのでは?」

と考えるようになりました。

(同じものを摂ったのに、若い長女は何とたった1ヶ月で便秘を解消してしまい、管理人は置いてきぼり・・・便秘解消への本気モードにスイッチが入りました。)

そんな疑問を確かめるために、あれこれ調べた結果、便秘を解消するためのヒントを見つけることができした。

それは、乳酸菌のパワーを最大限に高める簡単な方法です。

その方法を実行することにより、かなり時間はかかりましたが、徐々に硬い便が柔らかくなり、毎日の自然な排便を取り戻すことができました。

そして、硬い便や宿便が解消して、ポッコリ出た下腹がスッキリしたこともうれしかったのですが、更に嬉しい誤算も・・・♪

  • 「風邪をひかなくなりました」
  • 「花粉症が明らかに軽くなりました」
  • 「しつこい吹き出物が出来なくなりました」
  • 「体重が2キロ程度減りました」

腸内環境を整える乳酸菌生活を始めてから毎日が快調に!

腸内フローラのバランスが整ったことで、便秘解消以外にも肌トラブルや体調の改善等の様々な恩恵を受け取ることができ、スッキリ快調な毎日です。

やはり、腸は免疫の要なのだと実感。

健康寿命は腸で決まるというのも納得できました。

腸が若返ることで、これ程多くのメリットがあるのですから、これからもお腹の健康を意識した生活を続けていきたいと思います。

乳酸菌の効果を最大限に高めるためのポイントとは?

乳酸菌の効果を最大限に高めれば自然なお通じを取り戻せるかも!!

自分の腸内フローラと相性のいい乳酸菌を摂る

腸内フローラを構成する腸内細菌の種類や数は人それぞれ。ですから腸内フローラに合う菌もそれぞれ異なり、相性の悪い菌の場合、効果が半減してしまうといわれています。

つまり、あなた以外の人がお腹に効いたという菌があなたに効くとは限らないのです。

そして、その判断方法は残念ながら色々な菌を試すしかありません。

2週間程度試して、便の量や色、硬さ、臭い、排便回数等をチェックしながら、改善傾向にあるなら継続し、改善しないのなら次の菌を試すという方法がおすすめです。

乳酸菌のエサと一緒に摂る

腸内フローラに有益な菌+善玉菌の栄養源となる有益な成分の相乗効果は強力

腸内フローラのバランスを整える乳酸菌などの有益な細菌(プロバイオティクス)と腸まで分解されずに届き、腸内の善玉菌のエサとなって活性化や増殖を助けるオリゴ糖や食物繊維などの成分(プレバイオティクス)を一緒に摂取することは、腸内フローラ健全化のために非常に有効な食事法として注目を集めています。

大量の数の乳酸菌を摂る

腸内フローラの専門家は乳酸菌の摂取量の重要性も唱えています。便秘の専門医が推奨する1日の摂取量はヨーグルト2個分・約200億。

乳酸菌の機能性や生命力等に関心が向きがちですが、なかなか便秘が改善しない方は、生菌、死菌に関わらず摂取量が絶対的に不足しているのかもしれません。

多くの種類の乳酸菌を摂る

多くの種類の乳酸菌を摂れば、菌同士の連携プレーによる相乗効果が期待できるだけでなく、相性のいい菌にめぐり合う確率も上がります。

ちなみに、乳酸菌を豊富に含む食品を3種類以上摂る事で、腸内善玉菌の増殖は加速するといわれています。

乳酸菌を継続して摂る

ヨーグルトやサプリなどで外部から補給する乳酸菌は腸内に住む善玉菌とともに腸内環境を整えますが、長期間定住するわけではなく、いずれ便とともに体外に排出されてしまいます。

ということは、乳酸菌摂取により、腸内フローラを良好状態に改善できたとしても、その状態に保つためには、毎日、摂り続けなくては、元の状態に戻ってしまうということです。

乳酸菌サプリなどを利用する方は、毎日、継続するための予算も考慮して選ぶ必要もありますね。

つまり、自分のお腹に効く、相性のいい菌を複数種類、大量にエサとなる食品と一緒に毎日食べることが、乳酸菌パワーを最大限に引き出す条件といえるのです。

手軽にサプリを摂るだけなら、面倒くさがりの私でも継続できる!

そして、この乳酸菌の効果を最大限に高める方法を実行するために、

乳酸菌サプリ+オリゴ糖を摂る事にしました。

これなら、面倒なことが苦手でも毎日、簡単に実行できると思ったからです。

若い長女は善玉菌の餌となるオリゴ糖だけで便秘を解消したのですが、若くない管理人はこれに乳酸菌を加えた相乗効果によって、手強い便秘の解消を目指ざすことにしました。

乳酸菌の効果をより実感するために、上記の条件に従って菌の量も菌種も多く、なおかつ、自分に合った菌が配合されたサプリを見つけるためにあれこれ試しました。

更に予算も限られていましたので、毎日、継続できるコスパも考慮しなければならず・・・。

時間はかかりましたが、全ての条件をクリアし、最終的に私の硬い便を柔らかくしてくれたのは

ケフィアと酵素+カイテキオリゴでした。

管理人の便秘を改善した乳酸菌サプリとオリゴ糖の組合せ

 カイテキオリゴ詳細ページ

ただ、これはあくまでも管理人のお腹に効いた組合せですので、あなたのお腹に有効であるかどうかは分かりません。

また、半年以上、いろいろなサプリを継続して飲むことで、徐々に腸内環境が改善されてきたともいえますので、このサプリだけのお陰とも言えないのかもしれません。

そこで、菌との相性以外の条件である乳酸菌の配合量の多さや配合菌種の多さ、それと毎日継続するためのコスパの良さなどを考慮し、客観的におすすめできるサプリもピックアップしましたので、参考にして下さい。

乳酸菌サプリ選びに悩んだら、このサプリから始めてみませんか!

管理人の乳酸菌サプリおすすめ度ランキング

管理人の乳酸菌サプリおすすめ度ランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加