免疫力アップ

人間の免疫系の主役となる腸内の免疫機能の仕組みとは?

乳酸菌が免疫力を高めてインフルエンザや風邪の予防に効果があると話題になりましたが、乳酸菌と免疫力アップはどのように関係しているのでしょうか。

免疫力を高める乳酸菌の働きを知る上で、まずは腸内の免疫機能の仕組みついての知識が必要ですので簡単に紹介します。

腸はウイルスの侵入を防ぐ最大の免疫器官

 腸は人間の体内で最大の免疫器官です。

私達の体は土管状に例えるとすれば、口が入り口、肛門が出口、中が食道、胃、小腸、大腸といった消化管です。

そう考えると消化管は私たちの体内なのですが、皮膚同様、
外部と接触していることがわかります。

消化管は食べたものを消化、吸収するのが役目ですが、
口からは食べ物以外に病原菌やウイルス等も入ってきてしまいます。

もし胃の中迄入ってきたら、胃液で殺菌しますが、
胃液でも死なない耐酸性の細菌やウイルスを排除するのが免疫機能。

そして、免疫機能を働かせるのが免疫細胞であり、
腸管には体内の免疫細胞の約60%〜70%が存在しているといわれます。

免疫細胞とは、白血球のことで、単球、好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球という
5種類の細胞です。(好中球、好酸球、好塩基球は顆粒球といわれています)

免疫機能を働かせる白血球

この中でも単球とリンパ球は更に細かく分類されていて、

  • 単球はマクロファージ(貪食細胞)と樹状細胞に
  • リンパ球はNK細胞、B細胞、T細胞に

分類されます。

更にT細胞はヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞に分類されています。

マクロファージが排除できなかった細菌を顆粒球が攻撃し、更に微小なウィルスをリンパ球が攻撃するといったように、白血球の5種類の細胞がバランスを保ちながら連携し、きちんと働くことで、免疫機能を発揮し、細菌やウイルス等の異物から私達の体を
守ってくれているのです

乳酸菌が免疫細胞を活性化させ、病原菌の侵入や増殖を防ぐ

では腸内の免疫細胞はどのように免疫機能を働かせるのでしょう。

 

病原菌を攻撃する免疫細胞

有害な病原菌やウイルスが入ってくると、マクロファージや好中球、樹状細胞、NK細胞(主に病原菌感染細胞やがん細胞を攻撃)等が攻撃・排除するとともに、マクロファージやヘルパーT細胞がB細胞に働きかけ、B細胞が免疫グロブリンA抗体(IgA抗体)を産生します。

IgA抗体(免疫グロブリンA抗体)とは、腸管に多く存在し、病原菌の毒素を無毒化し、細菌やウイルス感染の予防に役立つたんぱく質です。

(腸管にある免疫力の主役となるパイエル板というリンパ組織の中に病原菌を取り込み、パイエル板中のB細胞やT細胞等が病原菌を攻撃するのですが、その際の武器になる抗体。)

このIgA抗体をうまく作れれば、免疫力を維持し、病気になりにくい体を
維持することができるのです。

また、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌にはマクロファージやリンパ球を活性させ、
IgA抗体の産生を促進させる力がありますので、免疫力を上げるには、
積極的に乳酸菌を摂る等、善玉菌を増やすことが大切になってきます

 

さらに、腸内では乳酸菌やビフィズス菌などが作り出す乳酸、酢酸が多いと、
病原菌が増殖しにくくなります。

酸性に保たれた腸内ではアルカリ性の環境を好む悪玉菌は繁殖しづらくなるからです。

つまり、もし風邪やインフルエンザ、O-157等の病原菌が口から入り、胃酸で死滅しなくても、腸内細菌のバランスが善玉菌優勢で酸性にキープされていれば増殖が抑制され、発症を予防することができるのです。

このように、免疫系を刺激して、病原菌増殖を抑制し、免疫力を高めるには、ビフィズス菌や乳酸菌を増やし腸内環境を善玉菌優勢に整えることが非常に大切になるのです。

乳酸菌の効果を高める5つの方法〜管理人の免疫力強化法

乳酸菌パワーを最大限に引き出せば免疫力が高まり病気の予防対策にもなる!

風邪を引かなくなりました!!    免疫力を高める乳酸菌の摂り方

まとめ

腸は最大の免疫器官。腸の免疫力を高めることが病気になりにくい、健康な体を作ります。 その為には、免疫細胞を活性化させる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内の細菌バランスを善玉菌優勢に保つ努力がとても大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 インフルエンザを予防

 便意がないを解消