乳酸菌の種類と効果

乳酸菌の種類は30属以上、約600種が確認されている

乳酸を多量に作り出す細菌の総称である乳酸菌は、多くの種類があり、生育する環境や作り出す物質などで菌のもつ機能もそれぞれ異なります。

腸内細菌は1000種類以上存在し、その数は600〜1000兆個といわれていますが、機能が分かっているものは全体の3割程度ですので、これからも多くの菌が見つかり種類も増えていくことが予想されます。

現在まで乳酸菌は33種属・約600菌種、ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属)は40菌種が確認されており、菌属・菌種・菌株という項目で名称がつけられています。

代表的な菌属はラクトバチルス属やストレプトコッカス属などで、菌種は

  • ラクトバチルス(属)・ガセリ(種)〜ガセリ菌
  • ストレプトコッカス(属)・サーモフィラス(種)〜サーモフィルス菌
  • ラクトコッカス(属)・クレモリス(種)〜クレモリス菌

等と呼ばれ、更に菌株は

  • ラクトバチルス・ガセリ・SBT2055株
  • ストレプトコッカス・サーモフィルラス・1131株
  • ラクトコッカス・クレモリス・GCL1176株

等とそれぞれ固有の名前が付けられ、分類されています。

また、形状や発酵形式などによってもグループ分けされています。

  • 棒状の乳酸桿菌、球状の乳酸球菌、I字型やY字型のビフィズス菌
  • 糖から乳酸だけを作るホモ型や乳酸以外に酢酸やアルコール、炭酸ガスを作るヘテロ型
  • 乳製品などに含まれる動物由来の動物性乳酸菌と
    漬物や味噌など発酵食品に含まれる植物由来の植物性乳酸菌

など、いくつかの分類方法があり、名称も異なります。

(厳密な細菌学の分類ではビフィズス菌は乳酸菌とは区分されます)

乳際品メーカーが独自研究する乳酸菌も様々

各乳製品メーカーは長年研究を重ね、個性の違う乳酸菌の特長や働きを活かし、味や風味、機能性の違う様々なヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントを製造しています。

メーカー各社が試験を繰り返し、新たな働きが発見されたプロバイオティクス乳酸菌を利用した食品やサプリ、整腸剤などが発売されており、テレビCM等で盛んに宣伝されているのは、ご存知の通りです。因みに日本で販売されているヨーグルトは7500種以上もあるそうです。

各社が力をいれる乳酸菌の特徴は様々で

  • 酸に強く生きて腸まで届く、腸に到達する能力が高い
  • 腸内に長く留まる、腸で生き抜く力が強い
  • 大腸で増殖する、お腹で増える
  • トクホ指定

等、生命力や増殖力、機能性をアピールしている製品が目立ちます。

他にも、○○億配合、○○種類の乳酸菌配合といった菌の配合量や複数菌種配合等で
各社差別化を図っています。

味や風味に関しても、

後味すっきり、マイルド、あっさり味、クリーミー、なめらかな食感、風味さわやか、酸味を抑えたなど、 それぞれの乳酸菌の特徴を利用した製品作りに工夫を凝らしています。

このように、数多くの菌の中から各メーカーが力をいれている代表的な乳酸菌の菌種や特徴、試験で確認された効果、それぞれの乳酸菌を配合したヨーグルトの特徴や味の感想などを紹介します。

期待する効果なども人それぞれだと思いますので、乳酸菌選びの参考にして自分のお腹に合った菌を見つけてください。

菌種別の効果 | 乳酸菌の効果記事一覧

ビフィドバクテリウム(属)・ロンガム(種)・ BB536株(Bifidobacterium longum BB536)出典:森永乳業のビフィズス菌(ビフィズス菌研究所)ビフィズス菌BB536は森永乳業株式会社が1969年に乳児の腸管内から分離し、研究を続けているビフィズス菌。ヒト由来であるため、他の動物由来のビフィズス菌に比べると、より人間に適した菌だと考えられています。ビフィズス菌BB536の大...

エンテロコッカス(属)・フェカリス(種)・ EC-12株(Bifidobacterium animals subspecies lactis LKM512)出典:Hisamitsu 健康通販EC-12株はヒト由来、人間の腸内に存在する腸球菌と呼ばれる乳酸菌です。EC-12株はヨーグルトなどに含まれる桿菌と呼ばれる細長い菌に比べると、僅か5分の1の大きさしかなく、とても小さいのが特長です。小さい為に...

ビフィドバクテリウム(属)・アニマリス亜種ラクティス(種)・BE80株(Bifidobacterium animals subspecies lactis DN-173 010)BE80株(菌)はダノンが独自に開発したビフィズス菌株。ダノンの研究所での研究、実験の結果、BE80菌は生きて腸迄届き、消化された食物の腸管通過時間を短縮する効果があることが分かっています。コマーシャルでもよく耳にする「高...

ビフィドバクテリウム(属)・アニマリス亜種ラクティス(種)・GCL2505株(Bifidobacterium animalis subsp.lactis GCL2505)GCL2505株はグリコが発見した独自のヒト由来ビフィズス菌。グリコ乳業はこの株を「ビフィズス菌BifiX」と名づけ、商品化しています。ちなみにBifiXはグリコ乳業による造語で「Bifi」がビフィズス菌をあらわし、「X」が「まだ...

ラクトバチルス属アシドフィルス種・ L-55株(Lactobacillus acidophilus L-55)出典:オハヨー乳業 基礎研究室 L-55乳酸菌についてL-55株はオハヨー乳業が2000年に乳幼児の腸内から発見した乳酸菌です。ヒト由来なので、人間の胃酸や腸液への耐性がとても強いのが特徴の一つ。胃酸耐性実験では100%の生存率、腸液耐性実験でも減少が殆ど見られないほど、生きて腸迄届く力が...

ラクトバチルス(属)ブルガリカス(種)・2038株+ストレプトコッカス(属)サーモフィラス(種)・1131株出典:明治ヨーグルトライブラリーLB81乳酸菌は、明治がブルガリア菌(Lactobacillus bulgaricus)2038株とサーモフィラス菌(Streptococcus thermophilus )1131株を組み合わせて作った乳酸菌。どちらもヨーグルトの本場、ブルガリアで伝統的に使...

ラクトバチルス(属)ガセリ(種)・OLL2716株(Lactobacillus Gasseri OLL2716)出典:明治ヨーグルトライブラリーLG21乳酸菌(Lactobacillus Gasseri OLL2716)は株式会社明治が保有する乳酸菌。ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の活動抑制効果があることが分かっており、LG21の名称でヨーグルト等の商品として販売されています。(ピロリ菌は胃酸...

ラクトバチルス(属)ラムノーサス(種)・GG(Lactobacillus rhamnosus GG)出典:LGGラボ.jpLGG菌は1985年、米国タフツ大学(Tufts University)のゴルバッハ(Gorbach)教授とゴルディン(Goldin)教授により発見されました。LGG菌の正式名称はLactobacillus rhamnosus GG(ラクトバチルス・ラムノーサス・GG)ですが、...

ビフィドバクテリウム・アニマリス亜種ラクティス・ LKM512株(Bifidobacterium animals subspecies lactis LKM512)出典:ビフィズス菌LKM512(協同乳業)LKM512は1997年に発見されたビフィズス菌で、胃酸の影響を受けずに、生きて腸まで届く生命力の強さに加え、腸に接着し、大腸内で増殖する特長があります。1日1回30億のLKM512を摂取した結...

ラクトバチルス(属)・ブルガリカス(種)・ OLL1073R-1株(Lactobacillus bulgaricus OLL1073R-1)出典:明治ヨーグルトライブラリー1073R-1乳酸菌は株式会社明治が保有するブルガリア菌です。1073R-1乳酸菌はEPS(extracellular polysaccharides)という多糖体を産生するのが特徴。EPSは免疫賦活作用を持つ物質で、野菜のオク...

ラクトバチルス(属)ガセリ(種)・SBT2055株(Lactobacillus gasseri SBT2055)出典:雪印メグミルク・これからは「ガセリ菌SP株」SBT2055は雪印メグミルクが研究、保有する菌で、ガセリ菌SP株とも呼ばれます。(SPはスペシャルではなく、雪印・プロバイオティクス-Snow Probioticsの頭文字)SBT2055株(ガセリ菌SP株)はヒト由来、その中でも日本人...

ラクトバチルス(属)カゼイ(種)・シロタ株(Lactobacillus casei strain shirota/L.カゼイ YIT 9029)出典:シロタ株.jpシロタ株を発見したのは医学博士の代田稔(しろたみのる)氏。後にヤクルトの創始者となる代田博士(京都帝国大学・現在の京都大学)が1930年に強化培養に成功した乳酸菌です。医療が発展途上であり、抗生物質も無く、チフスを始め感染症で死亡する子...