腸内環境 育毛

腸内フローラを整える乳酸菌には脱毛予防や育毛効果も期待できる!!

美髪のカギを握るのは腸内環境by便秘外来の小林弘幸先生

意外に思われる方もいると思いますが、腸内環境と髪の毛の状態には密接な関係があり、美しく若々しい髪の毛を育て、脱毛予防には腸を健康な状態にキープすることは欠かせません。

髪の毛のコシ、ハリ、艶がなくなってきた、抜け毛が増えてきたと感じているなら、便秘や腸内環境にも注意することが大事です。

つまり、腸内フローラを整える乳酸菌には髪をキレイに保ち、脱毛予防、育毛効果もあるということです。

血流が美髪の鍵を握る

脱毛や薄毛を予防し、髪の毛の状態を良くするには、全身の血流を改善し、頭皮の血管にもキレイな血液を十分に巡らせることが大事です。

ところが、便秘の人は腸内が悪玉菌優勢の為、栄養の吸収が悪く、毒素が排泄されにくい状態です。このような状態では毒素が血中に入って、全身にキレイな血液を巡らせにくく、頭皮の血流も悪化する一方です。その結果、毛髪にも栄養が届かないという悪循環になっています。

また、そもそも心臓から離れるほど、血管は細くなり、特におでこ付近の前頭部は血管も密度も少なくなっています。さらに、身体は生命維持に関わる器官の重要度に応じて、栄養分が行き渡るよう優先順位をつけるといわれています。

つまり、体調不良や病気等、身体に何らかのリスクが生じた場合、生命維持のための重要度の低い、毛根への栄養供給が真っ先にカットされる可能性が高いということです。

そう考えると、体を健康な状態に保つことや血液に毒素を貯めないことが、育毛や脱毛予防、美髪にも影響してくることに納得できるのではないでしょうか。

<薄毛や脱毛が気になるなら、便秘改善は非常に重要な薄毛対策であり、すぐにでも取り組むべき課題といえます。

40代からの腸内フローラの変化

加齢による腸内環境の悪化で抜け毛や薄毛など髪のトラブルも増加する・・・

副交感神経が低下

40歳前後から自律神経のバランスが乱れ、副交感神経が低下し、交感神経が優位になりがちです。このような偏りが起こると心身状態が不安定になり、副交感神経低下が続けば、血管の収縮が過剰になりやすく血流低下を招きます。

すると全身の隅々の細胞にまで栄養や酸素を行き渡らせることができにくくなり、頭皮環境も悪化します。

自律神経のバランスが崩れると腸内環境も悪化することが知られています。悪玉菌優位の腸内から有害物質で汚れた血液が全身に運ばれてしまい、これも頭皮環境を悪化させる一因ともなりますし、免疫力低下、冷えやすい、太りやすいといった影響も出ます。

自律神経のバランスを整える為に、深呼吸する、無理せずゆっくりする、休息を大事にする、好きなことを見つけるといったリラックスを意識し、副交感神経の働きを良くする行動を意識することも大事です。

善玉菌が自然に減少してくる

加齢により誰でも腸内の善玉菌の数は減少してきます。

仕方のないことですが、悪玉菌が優勢になることで、質のよい血液を全身に巡らせることが難しくなります。当然頭皮への栄養も十分ではなくなってきます。

個人差はあるとはいえ、中年期以降は、善玉菌を増やす努力をしないと、誰でも腸内環境は悪化してしまうものなのです。

睡眠の質が低下

良い睡眠とはレム睡眠とノンレム睡眠のバランスがとれている状態。

加齢に伴い、このバランスが乱れがちになり、睡眠の質が低下してきます。

睡眠の質が低下し、睡眠不足になると、疲労が蓄積し、自律神経のバランスも乱れがちになります。前述の通り、副交感神経が低い状態が続くと、血流が悪化し、腸内環境も悪化します。

腸内環境が悪化すると、キレイな血液が作れなくなり、血流も悪化するため、頭皮環境にも悪影響を与え、抜け毛や髪の毛のトラブルが増えてきます。

特に中年期以降は今まで便秘とは縁が無かった人も、加齢により腸内の善玉菌が減少しますので、今まで以上に食生活や運動に注意して、腸内環境を良好に保つ努力が大切になってきます。

腸内環境は全身の健康状態に多大な影響を与えているといっても過言ではないのです。

抜け毛が増えてきたる、生え際の後退が気になる等、髪の毛の不安を感じたら、腸内環境が健全かどうかも気にするようにしましょう。

 抜け毛予防、育毛にも乳酸菌は効果を発揮します。

乳酸菌の効果を高めればきれいな髪が維持できる!!

乳酸菌の効果を高める5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加    

トップページへ

 口臭を予防する