ホットヨーグルトの作り方~適温は何度?

乳酸菌が死なないホットヨーグルトの作り方は?

ヨーグルトは冷たいまま食べるのが当たり前じゃなくて、
温めて食べるのもアリなんですね。

ダイエットにもいいらしいです!

私が見た記事によれば、ヨーグルトは温めることでカルシウムの吸収が
よくなり、更に腸を冷やさないので乳酸菌の活動も阻害しないということ。

とはいえ、乳酸菌は生きてるわけで、加熱して死なないんでしょうか?

疑問に感じて調べてみると、ダノンジャパンの公式サイトに

”一般に、乳酸菌は加熱しすぎると死滅すると言われております。
温める際は、温めすぎないようにしてください。”

とありました。温めすぎないように、ってどの程度なんでしょう。

多くのサイトでは

「ヨーグルトが発酵しやすい温度は40℃前後、 60℃なら30分、
100℃以上なら数秒で、乳酸菌は死んでしまいます」とあります。

40度前後で発酵しやすいということは、ヒトの体内ですごく増えやすい
というイメージですよね。

最初から冷たいよりは少し温めて、お風呂のお湯くらいの温度にして
食べれば効率もいい、って感じでしょうか。

ホットヨーグルトといっても、熱々にするわけじゃなくて、
電子レンジで様子を見ながらチンして、ぬるーい感じに温めて
食べればいいのかな
と思います。

ちなみに、このホットヨーグルトは、料理研究家の村上祥子さんが
考案したもので、1人分のレシピは

<ホットヨーグルト1人分のレシピ>

    プレーンヨーグルト 100g
    水 大さじ1
    をラップ無しでレンジで500Wで50秒、600Wで40秒チン、
    かき混ぜて食べる

ということ。

水を入れると分離しづらくなるそうです。
あと、お好みで蜂蜜を加えてもいいそう。

手軽なので試してみたんですが、なかなかいいです。

私ははちみつを入れて、よくかき混ぜて食べています。

冷たいヨーグルトより、便秘にいいか、といわれると即効性は無く、
そんなに変わりないと思いますが、寒い時期だけに抵抗なく食べれるのが
嬉しいし、確かに胃が冷えないのが身体によさそうだと思います。

乳酸菌が腸内で増えることを期待しつつ、寒い時期は続けてみようかな~。



このページの先頭へ