ビタミンCが驚くほど便秘に効く理由

レモンのビタミンCで便秘を改善

ビタミンCが便秘解消におおいに役立つって知ってますか?

便秘解消のためには野菜をたくさん採りましょうと言われますね。

野菜の食物繊維は便の材料となり、善玉菌のエサとなり、便を柔らかくして
腸内環境を改善してくれますが、推奨されるもう一つの理由がビタミンCなんです。

新鮮な野菜や果物に多く含まれるビタミンCは腸に届くと、善玉菌のエサとなり、
増やしてくれるのです。

また、ビタミンCには、腸の内容物を柔らかくし、蠕動運動を高める
効果もあります。

ただ、残念なことに、ビタミンCはとても壊れやすい成分。

最近の土地事情や、流通時間などによって、生の野菜や果物に含まれている
量では、頑固な便秘を改善してくれるほどの作用は期待できない可能性も
ありますが、生野菜で足りないビタミンCはサプリで補うこともできます。

サプリを上手に利用して便秘対策してみてはいかがでしょう。

ただ、ビタミンCのサプリを採りすぎて下痢をすることがあります。
どの程度採ると下痢になるかは、その人の腸内環境などに左右されますので、
自分に合った量を見極めることが大事です。

下痢にはならないけれど、便を柔らかくしてくれる量をみつける為に、
少しずつ量を増やして試してみるとよいでしょう。

ちなみに、ビタミンCは水溶性ですので、多く採っても数時間で
排泄されてしまい、過剰症の心配は殆どないとされています。

ただ、採りすぎると、気持ちが悪くなることもあるため、気をつけて。

またビタミンCのサプリは、できれば個包装されている
(顆粒でも錠剤でも)タイプがおすすめ。

ボトル入りの錠剤等がいけないわけではないのですが、ビタミンCは
壊れやすく、空気に触れると期待される働きが弱くなっていきますので。

美容や健康維持も期待できますし、便秘解消できれば
一石二鳥にも三鳥にもなりますね。



このページの先頭へ