水道水を沸かして飲む白湯健康法の効果は!?

白湯を飲む女性

水道水を沸騰させて少し冷ました「白湯(さゆ)」を飲む白湯健康法や
白湯ダイエットが流行っていますね。

管理人も朝起きたらやかんでお湯をわかして、白湯を飲むのが習慣になりつつありました。

特に冬は寒いから水を飲むのが辛いもので。

モデルや女優も飲んでるとブログに書いたりしてるのにも影響されてますね。

朝1杯の水は便秘改善にも是非心がけたい習慣ですが、実は便秘について色々調べていて、水道水を熱しただけの白湯は細胞を傷付けるから飲んではいけない、と書かれた本を読み、ちょっと衝撃を受けています。

著者は藤田紘一郎氏。
1939年生まれの医学博士、寄生虫学が専門で、お腹にさなだ虫を飼ってることでも有名な、東京医科歯科大学名誉教授。

腸内環境やお水に関する著作が多いです。
アマゾンで検索すれば多数の著書がヒットします。

藤田先生の著書『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』によると、
水道水を沸騰させた白湯は細胞を傷つけるので飲んではいけないそうです。


理由は、水道水を煮沸すると塩素は飛び、殺菌効果もあるけれど、塩素と有機物が化合して、発ガン物質である「トリハロメタン」を増やしてしまうから。

水道水を加熱するとトリハロメタンがみるみる増加し、一番多くなるのは煮沸直後で、煮沸前の2~3倍になるそう。

これを完全に取り除くには15~30分間煮沸し続ける必要があるんだとか。

かなり光熱費がかかりそうです・・・

ミネラルウォーターを煮沸して白湯にすればトリハロメタンの心配はありませんが、加熱によってミネラルウォーターの健康作用が失われるのは本当にもったいない・・・確かにその通りですよね。わざわざ買ってるんですから。

ではどうすればよいのか?
藤田先生は非加熱のミネラルウォーターをそのまま飲めばよいと書いています。

ミネラルウォーターを選ぶ基準としては

  1. アルカリ性のもの~健康な人の体液は弱アルカリ性なので。

  2. 原材料欄に鉱泉水・鉱水・温泉水の表記がある~ミネラル豊富だから。

  3. おいしいと感じる水を飲む~美味しいと感じる水の栄養は自分の体が欲しているものだと考えられるから。

の3つのポイントをあげています。

藤田先生は水についても著書が多く、かなり研究しているのでこのポイントは参考になります。

ただ、白湯がいいと言われているのは、その温度。
ミネラルウォーターは冷たいか常温でしょ。

代替案になってないような・・・どうすればいいんでしょうかね。
さらに、素人考えですが、白湯が危ない理屈は分かりましたが熱湯で淹れるお茶やコーヒーもダメなんでしょうか・・・?

気になるので、ネットで調べてみたところ、やはり水道水を沸かしたお湯はトリハロメタンが増えており、お茶を淹れるのもあまりいいことではないという意見が
散見されます。

気にする程の量ではない、という意見もありますが。
結局はミネラルウォーターを使うか、活性炭フィルターでろ過して使うといいともあります。

やはり水道水を煮沸して飲むのは、白湯でもコーヒーでもおすすめできないのかもしれませんね。

安全には問題ないと思いますが、こういう意見を耳にするとなんか、継続したくなくなってくるというかなんというか。

沸騰させるなら、もったいないけどミネラルウォーターか、活性炭などで塩素を除去した浄水を使えばいいようです。

うちは飲料水の全てをミネラルウォーターではまかなえないから竹虎さんで注文した、お水用の炭で対応していこうと思ってます。

味がどのくらい違うのか、ちょっと期待しています。



このページの先頭へ