ABC療法で自分の腸内フローラを増やす!

人参には多くのビフィズス因子が含まれている

私達の腸内にいる善玉菌、つまりビフィズス菌は人によって種類や数、構成も
異なるといわれます。

いわゆる腸内細菌叢、腸内フローラはひとりひとり異なるというわけです。

腸内環境を改善化し、善玉菌を増やすことが便通の改善や全身の健康に
良いというのは多くの方が知っているのではないかと思います。

乳酸菌やビフィズス菌が配合された食品やサプリをせっせと食べているのは
腸内の善玉菌を増やしたいからです。

ただ、生きて腸まで届くをうたい文句にしたヨーグルトなどの乳製品が
多数ありますが、これも人によって合う合わないがあるのは、
腸内フローラの違いによるもの。

ですから2週間程食べてみて、お通じに変化が無ければ、別の商品に変えましょう
と言われるのです。

自分の腸にバッチリあった乳酸菌やビフィズス菌が見つかりお通じが改善されれば
ラッキーですが、それでも永遠に継続するわけではないんです。

食べ続けている間は菌が増えてくれますが、食べるのを止めれば
減ってしまい元通り。

口から取り入れた菌は腸内に定住することはないからです。

そこで、元々腸にいるビフィズス菌を増やす為にはどうすればよいか?
となりますが、ビフィズス菌の栄養となるエサをあげればいいのです。

このエサとしてはオリゴ糖が有名ですが、オリゴ糖とは別に、
ABC療法という方法を提唱しているのが摂南大学薬学部名誉教授吉岡正則先生。

ABC療法とは

A ~ APPLE(りんご)

B ~ BANANA(バナナ)

C ~ CAROT(にんじん)

の頭文字をとったもの。

りんごとバナナとにんじんには『ビフィズス因子』というビフィズス菌を
増殖させる成分が備わっており、外からビフィズス菌を直接取り入れるより、
りんご、バナナ、にんじんを少しでも食べる方が腸管内でビフィズス菌が
増えるというもの。

3種類全部食べる必要もなく、どれか1種類でも、少量でもよくて、
大事なのは毎日食べ続けることだそう。

直接菌を食べるより、菌が増えるというのですから食べない手はありませんね。

ちなみにこのビフィズス因子が発見されたきっかけは第二次世界大戦後、
アメリカからの援助物資として粉ミルクが輸入されたが、母乳栄養児に比較すると
罹患率と死亡率が高かったこと、その原因が乳児の腸内細菌叢(腸内フローラ)の
違いにあったことから始まります。

東京医科歯科大学の太田敬三先生が ビフィズス因子を探す為に様々な植物を
研究した結果、りんご、バナナ、にんじんに非常に多くの
ビフィズス因子が含まれていることを発見したのです。

どれも一年中安く手にはいるという点でも本当に優れもの。
(当時は果物は高価だったのでもっぱらにんじんで実験されたようですが)

せっせとヨーグルトを食べるのもいいのですが、一緒に少しでも
ABC療法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

自前のビフィズス菌をどんどん増やせば腸内フローラの腸内細菌バランスが
よくなること間違いなさそうです。



このページの先頭へ