便秘に効く!カイロの上手な使い方

暖かいカイロは便秘にも効果を発揮する!

寒い季節は乾燥も手伝って便秘が悪化しがちで、何かよい策が無いか?
頭を悩ませる女子も多いはず。

実は貼るカイロが便秘改善によく効くのをご存知でしょうか?

これは実際に病院で、オペ後の患者さんや、要介護の患者さんなど、
自由に動き回れない人の便秘を改善する為に用いられている方法なんです。

具体的には腰やお腹の部分に、熱めの蒸しタオルを乾いたタオルで巻いて
10分ほどあてがう、というもの。

簡単ですが効果はかなりあって、なんと半数以上の患者さんに
お通じが見られるとのこと。

便秘自覚のある健常女性に1日10分の60度の熱い布と、1日5時間の
温熱シートで試したところ、4週間便秘をしている女性の割合が
58%から14%へ減少し、明らかな効果があったという研究報告もあります。

便秘に効く理由は、血流改善ではないかと言われています。

温熱効果でじんわり刺激が広がり、腸周辺の血液循環が良好となり、
腸の動きが促され、便秘改善につながるのではと考えられています。

これは試さない手はありません!

自宅なら蒸しタオルを電子レンジで作ってもいいですし、
手軽な「貼るカイロ」を肌着の上などから貼ってもよいでしょう。

仕事中、外出中でも出来るので便利です。

また管理人の個人的な方法ですが、お腹や腰だけでなく、
ふくらはぎにカイロを縦に貼るのもいいですよ。

ふくらはぎが温まると、体調も良くなるし、お腹への効果も
あるような気がしています。

こんな簡単な方法で?と思うかもしれませんが、身体の冷えは
便秘だけでなく体調不良の原因になります。

日々温めて、冷さないことが、便秘改善だけでなく健康維持に
つながるともいえます。

貼るカイロでお腹や腰を温める、試してみてはいかがでしょう。



このページの先頭へ