洋式トイレの落とし穴~排便姿勢に問題アリ?

考える人のような排便姿勢が排便力を高める

和式トイレがめっきり減り、年に一度も使わないという人も多くなりました。

かがむ必要がない洋式トイレは高齢者や妊婦、痔に悩む人などとって、
足や肛門に負担がかからずとても快適なスタイル。

ところが洋式トイレの排便姿勢、座って背筋を伸ばした状態というのは、
排便には適していないのです。

特に便秘でお悩みの方は排便時の姿勢について注意した方がよさそうです。

私達の肛門と直腸の間には直腸肛門角(ちょくちょうこうもんかく)
という部分があって、文字通り曲がっています。

この部分は立っている時や寝ている時には90度の直角となっているので、
便が出ない仕組みになっています。

排便時にはこの直腸肛門角の角度をゆるめて便が出やすくする必要があります。

和式トイレならしゃがむことで自然に直腸肛門角がゆるむのですが、
洋式トイレに座った状態では自然にゆるまず、便が出にくい状態なんです。

ですから洋式トイレで排便する時には、背筋を伸ばした姿勢で座るのではなく、
直腸肛門角がゆるみやすくなります。

一度やってみるとわかるのですが、上半身を前傾姿勢にして、
つま先をぐっと立てると、明らかに腸のあたりから便意が来るような感覚が起こります。

普通に座っていても、全く問題なく排便できてる快便の人はいいのですが、
座ってもなかなか便意が強くならないとか、出そうで出ないとか、
便秘のお悩みがある人は、排便姿勢に気をつけてみましょう。

たとえて言うならロダンの彫刻『考える人』のような姿勢ですので、
是非覚えておいて下さいね。



このページの先頭へ