よく噛むは便秘解消にも効果的

食べ物はよく噛むと便秘にも効果的

よく噛んで食べましょう、って子どもの頃からさんざん言われてますから、
今更言われてもちっとも響かないですよね。

でも、便秘解消の秘訣として、よく噛むは常識なんだそうです。

早食いの自覚がある人で便秘症なら要注意。私がそうなんですけど・・・。

そこでよく噛むことの効果について調べてみると確かに納得の理由が見つかりました。

 唾液と混ざった食べ物は水分が多くなる

便秘解消には水分、といわれますが、水を飲むより食物から水分を採る方が
胃への負担が少ないそう。

よく噛めば、水分の少ない食べ物にも、唾液が加わって水分量が増える、というわけです。
納得の理由ですね。

 消化吸収の時間が短縮できる

よく噛んでこなれた状態にしてから胃腸へ送ればそれだけ消化吸収にかかる時間は
短くすみます。お腹をこわしたら食べるおかゆ、あれは消化しやすいからですよね。

腸の通過時間をなるべく短くすることは便秘になりにくい身体作りに役立つんです。

 満腹感が伴うので食べ過ぎを防ぐ

よく噛んで食べると食事時間がかかるため、満腹感を得やすくなり過食予防になります。

過食するのは下痢や便秘の原因にもなりますから、
よく噛んでゆっくり食べるのは便秘にならない為にも大事なことなんです。

 空気を飲み込みにくくなるのでおならが減る

コレ、便秘とは関係ないかもですが、女子には大事なことです。

更に便秘しなければ、代謝が悪化しないし、太りにくく、痩せやすい体
になります。宿便もたまらないし、無駄に太ることもなくなります。

そういえばタレントのベッキーが、なんでそんなに痩せてるんですか、
何か気をつけてるんですかって聞かれて

「驚くくらいよく噛んで食べてます。おかゆ状態にする迄噛んでます」
<って答えてました。

ベッキーは痩せてますからね~説得力がありました。

今の便秘を即効解決はしないかもですが、よく噛んで食べるクセをつけると、
いずれ便秘解消、痩せ体質になれるんじゃないでしょうか。

お箸をいちいち置いて食べるとか、噛む回数を数えるとか
自分なりに実行しやすい方法でやってみます。



このページの先頭へ